結婚式の席次表を印刷するときの注意点!教えて

カテゴリー: 席次表コラム

席次表注意点

席次表印刷注意点

結婚式を行う際にはたくさんのことを決めなければならず、その一つ一つで失礼のないように慎重に行っていかなければなりません。
披露宴の席次表もその一つです。


位置や順番も大切ですが、肩書きや間柄などの記載やそのデザイン。
また、席次表は保管されることも多いため、綺麗な紙・綺麗な印刷をお願いしたいものです。
今回は結婚式席次表を印刷する時の注意点についてご紹介します。


席次表注意点2

・出席者の位置や順番に間違いはない?


席次表のひな形が完成し印刷をする前には、必ず出席者の位置や順番、また抜けはないかなどをしっかりとチェックする必要があります。
ここでミスがあると大変失礼なこととなってしまったり、印刷のやり直しで時間もお金もかかってしまいます。
基本的に上座から決めていくものですが、式の進行の都合や円卓テーブルの人数、そしてお手洗いに近い席など、臨機応変な決め方も大切です。

 

・文字数に合わせてスペースで揃える


席次表では各項目がしっかりと揃っていると、より綺麗な見栄えとなります。
出席者の名前は文字数がそれぞれ違うため、ズレてしまいがちなものですが、適切にスペースを使うことで綺麗に揃えやすくなります。
名字と名前の間、名前と「様」の間など、工夫をすることで揃えることが出来ます。
またスペース以外でも枠のデザインの仕方で揃っているように見せることも出来るので、工夫を行ってズレのない状態としておきましょう。

 

・できあがりは紙で違う?


席次表は後に残るものですし、出席者が最初に手にする紙でもあります。
そのためより良い紙で印刷をしておきたいものです。
厚みがあって丈夫な紙が選択されることが多くありますが、光沢のある「コート紙」や手触りの良い「マット紙」も席次表に適した紙と言えるでしょう。
会場の雰囲気や出席者の年齢層などに合わせて選択してみるのも良いと思います。

 

・印刷は専門店へ


席次表の印刷は年賀状の印刷とは訳が違います。
家庭用プリンターではイメージ通りの印刷が出来ないことも多く、コストも高めに感じられます。
専門店であれば紙の質に合わせて適切な印刷を行ってもらえるため、イメージ通りの席次表を印刷することが出来るでしょう。


結婚式席次表を印刷する時の注意点について紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?
紹介させて頂いた内容以外でも理想的な席次表を作成する工夫はたくさんあると思います。
思い出に残る結婚式・披露宴となるよう、世界に一つしかないオリジナルの席次表を作成してみてはいかがでしょうか?

席次表プロフィール・挨拶文・メニュー一体・画像


「結婚式の席次表を印刷するときの注意点!教えて」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事