2つ折りの席次表ってないの?その結婚式マナーと利点とは?

カテゴリー: 席次表コラム

【席次表ってみんな3つ折りや、4つ折になってしまいますか?】

今日は、席次表に関するお悩み相談をいただいたので、格安席次表の専門家である筆者がお答えしたいと思います!
「席次表って、3つ折や4つ折のものが多いように見受けられます。2つ折の席次表を作りたいのですが、2つ折の席次表は無いのでしょうか? もしかして、マナー違反なのでしょうか?」
というお悩みです。


うーん、確かにそうですよね! 席次表は圧倒的に、3つ折や4つ折が多いような気がします。
果たして、2つ折の席次表って、どうなんでしょうか?

冬空からの贈り物 o二つ折り-01
■2つ折の席次表はマナー違反ではありません

「2」という数字が「割り切れる」という理由で、結婚式には不適切! と言われることがあります。
「ご祝儀は、紙幣2枚では割れてしまうので、不吉だから3万」
「2万にする場合は、5千円札2枚を入れて紙幣3枚に」
などと言われるのも、この「結婚式に2は不適切」という概念があるためです。


しかし、これは飽くまでも、ご祝儀の場合。
席次表にはこのようなことは全く言われておりませんので、ご安心ください。
というわけで、2つ折の席次表も多数存在していますし、マナー違反ということではありません。


■2つ折りの席次表を選ぶメリットは?

2つ折の席次表は、2つ折や4つ折に比べて、当然、幅が広くなります。
幅が狭いことによるスマート感を求める方は、3つ折、4つ折の席次表を選ばれることが多いようです。
一方で、2つ折の席次表は横幅を広く取ることができますので、写真を掲載したい場合でも、大きく、ダイナミックな写真を入れることができます。


そのほかにも、二人の自己紹介欄や、お互いの紹介欄を、横並びに配置することができたり、テーブルが並んでいる席表の面も見開きですっきりと見せることができるのも、2つ折の席次表の利点です。


■2つ折席次表のメリットを活かすとどうなるの?

例えば、Pureで印刷できる「マニフィーク」という席次表を見てみましょう。
こちらの2つ折席次表では、表紙の全面に、大きく前撮り写真を掲載することができます。


背面の表紙にも、数枚の写真を掲載する欄がありますので、通常ゲストの皆さんにはなかなかお見せすることのできない、大きくて素敵なお写真を、一人一人にお持ち帰りいただくことができます。
この席次表を見れば、挙式最中に「花嫁のドレスをカメラに残したい!」と躍起になって写真撮影する必要もないので、ゲストは大喜び。
またサイズ感もしっかりしているので、席次表でありながら、雑誌のような感覚で手にとっていただけるのも、2つ折加工のメリットのひとつですね。


【まとめ】

2つ折の席次表は、マナー違反ということはないし、完成サイズが大きい分、存在感もばっちり! 大きな写真を入れ込むこともでき、メリットいっぱいです。
写真入りのすてきな席次表を検討しているときは、是非、2つ折の席次表も候補に入れてあげてくださいね。

 

前撮り席次表

 


「2つ折りの席次表ってないの?その結婚式マナーと利点とは?」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事