素敵なものを選びたい……花嫁のヘッドアイテムをおさらい!

カテゴリー: 結婚式コラム


子供ドレス

ヘッドドレスについて知っていますか?

結婚式は心躍る人生の一大イベントですが、なかなかどうして、予備知識が豊富でなければ後悔の多いイベントでもあります。特に、誰もがドレスショップに並ぶ、たくさんのアイテムの中から、よりどりみどりで選ぶことのできるドレスと違い、ヘッドドレスは、後になってから「こんなのもあったのか~!」となる第一の後悔アイテムです。是非、挙式前にその種類を頭に入れておきましょう。

 

ティアラ

■ティアラ

結婚式と言えば、誰もが想像する小さな冠です。その中でも、半円形、月のような形をしたものが、ティアラと呼ばれます。

一般的なものは、片手に載るほどの小さなもの。一部に、おとぎ話のプリンセスのような、両手に載せるサイズの大きなものがありますので、ネットショップで買うような場合には、よくサイズを見て購入しましょう。

 

 

ヘッドドレスクラウン

 

■クラウン

これも比較的多いアイテムですが、頭に載せる小さな王冠です。ティアラと違って大きなものはなく、片手に載るサイズで、円形をしています。エレガントというよりも、キュートな印象を与えるのが特徴です。

 

 

ヘッドドレスカチューシャ

 

■カチューシャ

非常に種類が多いのが、このカチューシャです。カチューシャの形については、女性ならば日常使いで使うことも多いのでよくご存じでしょう。ウエディング用のものは、素材もビーズ、パール、レース、ラインストーン……と様々で、太さもまちまちです。キラキラして魅力的なものがたくさんあるので是非検討してみてくださいね。

 

 

ヘッドドレスボンネ

 

■ボンネ

知名度が低く、「何?」となりがちなのが、このボンネです。オードリー・ヘップバーンが着用したことでも知られているヘッドアイテムなのですが、非常に大きなバレッタ……とでも言えばわかりやすいかもしれません。

もちろん、ウエディング用なので、パールなどで作られた豪奢なもの。リボンやフラワーモチーフがあしらわれたものも人気です。

 

 

フラワーアイテム

 

■フラワーアイテム

人気が高いのがフラワーアイテム。生花、造花ともに選択肢の幅が広く、ドレスとの相性もぴったりです。大ぶりの造花を付けるのも印象深いですが、小ぶりの生花はこれもまた、本物だけが持つ重厚な印象を与えます。生花が付けられるとは考えない花嫁も多いですが、ご希望なら、プランナーに相談してみると良いでしょう。

 

 

おわりに

いかがでしたか? 挙式前には、ベールの中で隠れがちなヘッドドレスですが、実にさまざまなパターンがあります。あなたのお気に入りを見つけてみてくださいね。

ペーパーアイテムのおすすめ!ピュア席次表


「素敵なものを選びたい……花嫁のヘッドアイテムをおさらい!」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事