誰を呼ぶ?結婚式の招待客の決め方例

カテゴリー: 結婚式コラム

招待客結婚式

結婚式に誰を呼びますか?

結婚式の準備を進めるときに、ちょっと困るのが、「誰をお招きするか?」ということ!

結婚式の招待客については、新郎と新婦の間にも色々な考え方があります。今回は、結婚式にお招きする招待客の、決め方の例をご紹介します。

 

■親の意見を確認しよう

結婚式の招待客を決めるとき、必ず行っていただきたいのが、双方のご両親の意向を確認するというワンステップです。

昨今、多いのが、「二人で、少人数でいいって決めた」というもの。挙式をしないカップルも多いですが、挙式はするけど親族は招かない……というカップルも少なくありません。二人と、両親や兄弟。それだけでいい。二人はそう思っていても、ご両親は、親族の手前そうはいかない! と考えていることも多く、あとからトラブルになることも。

二人の意志を尊重してくれるご両親なら良いですが、どちらか片方の親だけでも、「絶対に結婚式は大人数!」という人がいれば、後あとまで義両親との関係が悪くなる……なんてこともあります。結婚式はお金がかかりますので、少人数にしたい気持ちもあるのですが、失敗するとお金で買えないものを失うケースも……。

事前によく確認、考慮しましょう。

 

■招待客のバランスを考えてみよう

今は、新郎側、新婦側の招待客の数に差異が出ても、あまり気にする風潮ではなくなってきていますが、しかし、やはり大差が出る場合は会場の中でほとんどが新婦側……あるいはほとんどが新郎側……など、「あれ?」という感じも出てしまいます。

親族が多いのなら、友人は控えめにする。あるいは、親族が少ない方が、会社の方や友人を多めに招く。といった方法で、披露宴会場の中で新郎側、新婦側のバランスをある程度取ると、それなりに格好のついた挙式になりやすいようですよ。

■会社の人は「前例」を参考に

職場の中で、どの範囲を結婚式にお招きするかは迷うところ。これが面倒なばかりに「親族だけの挙式」を希望するカップルもいるくらいです。それもひとつのアイデアですが、会社関係をお招きしなくてはならないのなら、以前に挙式した方が、どの程度の範囲をお招きしたのか、参考にしてみると良いでしょう。

そのときに自分が呼ばれていなくても、気心の知れた先輩や上司に相談する、という手もありますよ。

いかがでしたか? 結婚式の招待客数は、金額にも直結するだけに誰もが迷うところです。お互いに、そして親御さんとよくご相談してみてくださいね。

 

口コミ人気!結婚式招待状・席次表・席札印刷ならペーパーアイテムピュア


「誰を呼ぶ?結婚式の招待客の決め方例」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事