ブライダルネイルに取り入れたい、あなたのラッキーモチーフは何?白?

カテゴリー: 結婚式のジンクス・占い

ブライダルネイル

挙式直前。もしかして、新郎くんにはどうでもいいことかもしれないのだけれども、新婦さんが細かいところまでどうしても悩む、それが、ブライダルネイルのデザインです! 折角だから、かわいくて、ゲストにもウケの良い、印象に残るネイルにしたいなぁ……そんな風に思ってしまいますよね。そこで、これから挙式のご新婦様におすすめの、ラッキーアイテムやモチーフを、こっそりお教えします!

あなたのラッキーモチーフは何?

 ◆まずはあなたの九星を調べて

 九星は、生年月日から調べることができます。正確には、生まれた年によってその人の九星が決まるのですが、これは旧暦での判別方法となりますので、その年の2月3日(節分の日)より前に生まれている場合は、前の年の九星を見るようにしてくださいね。

たとえば、1980年の2月3日に生まれた方は、1979年の九星です。1980年の2月4日に生まれた方は、1980年の九星を参照してくださいね。

九星は、これを割り出す無料サイトがたくさん存在していますので、使うとカンタンに自分の九星を知ることができますよ。「九星 無料」などで検索すると、わかりやすいサイトをいくつも見つけることができますので、おすすめです。

 

 

◆九星ごとのラッキーアイテムをご紹介

 それでは、九星ごとのラッキーアイテムをご紹介していきますね。九星には、それぞれ「象徴しているもの」があります。例えば、一白水星なら「ヒミツ」、二黒土星なら「四角」など……。これら、九星それぞれが象徴しているものから、占い師がおすすめする、関連ラッキーモチーフをご紹介します。あなたのウエディングシーンで輝くラッキーモチーフは!?

 

 

 ○一白水星……「カギ」

ヒミツを意味する一白水星のあなたにおすすめなのは、結婚式という美しい記憶の扉をいつでも開封してくれる、カギのモチーフです。また、一白水星のあなたにとっては、黒がラッキーカラーのひとつ。ピンクや黄色など、お好みのパステルカラーの地色に、黒のカギをあしらうのがおすすめですが、特に白色やシルバー色は、金性なので、相性がよい色にあたります。白やシルバーの地色に、黒のカギをあしらってみたり、あるいは、白地にシルバーのカギをあしらうなどのデザインがおすすめ。ただ、結婚式というシチュエーションですので、ベースカラーを黒にするのは、あまりおすすめできません。シックでカッコイイのですが、年配ゲストの中には「結婚式なのに、黒い爪!?」と目を剥く方もいらっしゃいますからね。ちょっと黒ベースは控えておいたほうが無難かと思います。

反対に、白やシルバーがラッキーカラーであることを生かして、白地や、シルバーの地に、ピンクのカギを描いてみるのもカワイイですね。

白や黒のラインストーンを入れるなら、クリスタルやホワイトオパール、ブラックダイアモンドやジェットといった色あいを選んでみましょう。

 

 

○二黒土星……「四角」「市松」

二黒土星が象徴する形は「四角」。スクエア形そのものがあなたのラッキーシェイプ! 挙式やアイテムに取り入れるなら、ネイルをキューブや市松の模様にしたり、いっそ和装の披露宴も良いかもしれません。また、二黒……と名が付いていますが、ラッキーカラーは黄色、金色です。黒ではありませんので、黒い四角をつけなくても大丈夫ですよ。ネイルのメイン色、あるいは差し色として、黄色か金色を取り入れると尚良いでしょう。

市松のうちの一色や、キューブの形そのものを金色にすると尚ラッキーです。また、相性がよいカラーは、赤やピンクといった火性の色、そして金性の白色やシルバーです。

市松模様を作るなら、ピンクと金、白と金など、おめでたいゴールド色を取り入れて。また、スクエア形を作るのなら、和柄の市松模様だけではなく、チェック柄もスクエアであることを忘れてはいけませんね。ベースカラーに白やピンクを置き、その上にゴールドや濃いピンクの格子を入れるなど、工夫次第で洋装にもぴったりのかわいらしいスクエアネイルが完成しますよ。

ゴールドとシルバーのバイカラーネイルにしてみるのも良いかもしれません

 

○三碧木星……「音符」

三碧木星のご縁は「音楽」にあり、つまりラッキーモチーフは「音符」です。軽快な音符モチーフは、見る人を楽しい気持ちにしてくれること、間違いなしですね。音符マークというと、大人は自然に黒を思い浮かべるものですが、ラッキーカラーはブルーです。パステルピンクの地色に、ブルーや水色の音符などはいかがでしょうか。パステルピンクは、火性の色ですので、木性とは好相性の色あいとなり、おすすめですよ。また、音符もラインストーンを使いやすいモチーフ。音符の丸い部分に、キラキラと光るラインストーンを置けば、女性ゲストたちから「かわいい~っ!」と絶賛されること間違いなしです。ラインストーンを使うならコバルト、サファイア、カプリブルーといった青系の色をオススメ致します。好相性のパステルピンクのラインストーンを使う場合は、ライトローズ、ローズピーチ、ヴィンテージローズといった薄めのピンク色のストーンがおすすめですよ!

 

○四緑木星……「つる性植物」

「長いもの」に縁のある四緑木星の人は、つるのあるリーフや、バラなど、つるのある花をネイルに描くのがおすすめ!自然派の好印象ですね。

ラッキーカラーは、もちろん緑色です。グリーンで繊細な線を描いてみませんか。つるの上に花を載せるなら、好相性の色は、火性の赤やピンク。また水性のブラックも相性のよい色のひとつです。ピンクの花に黒の蝶なども美しいでしょう。ラインストーンで葉を表すなら、ペリドット、ファーングリーン、エメラルドなどグリーン系のものを。ピンクの花を表現するなら、ライトローズ、ローズ、フューシャ色がおすすめです。

もうひとつ、結婚式というシチュエーションには、実をつけた植物を描いてみるのも良いかもしれません。赤い実をラインストーンで表現するなら、ヒヤシンス、ライトシャムといった色のストーンがおすすめですよ。グリーンのつる植物と、赤い実は、カラーの相性も抜群です。また、結婚式はひとつの実りの証であると同時に、この先の新たな実りの始まりでもありますから、その象徴として「実」を表現してみるのも良いでしょう。

 

○五黄土星……「モノトーン」「寒色×暖色のストライプ」

すべてのものの中央にあたるといわれる、五黄土星。陰と陽とが中和しているといわれるこの星に、白と黒とのモノトーンや、寒暖2色のストライプはぴったりです。本来五黄土星のラッキーカラーは黄色です。2色ストライプのネイルを選ぶのなら、1色は黄色系にすることをおすすめします。もう1色は、相性のよいパープルなど、いかがでしょうか。また五黄土星は、占いでいう太極をさししめす相ですので、白と黒の組み合わせが意外にもラッキー。モノトーンの組み合わせなら、ストライプ柄でなくても、美しいコントラストを演出することでしょう。ラメ入りの黒と、シルバーとでバリエーションを出すのもおすすめです。

黄色がラッキーカラーということは、意外にネイルに使うことができるのが「ゴールド」。ゴールドのネイルは非常に豪奢な印象を与え、結婚式にもぴったり! ですから、ゴールドと他の好きな色とを組み合わせて、ストライプの柄を作るのも、あなたのラッキーモチーフのひとつとなります。クラシックな印象を与えるのは、ゴールドとホワイト。かわいらしくするなら、ゴールドとピンク。人目をぱっと惹くのは、ゴールドのベースカラーに、ブラックの細いストライプなど。あなたの好みと、挙式スタイルに合わせ、好みの色を選んでみてくださいね。

 

○六白金星……「丸」「円」「水玉」

すべてを丸く収めると言われる六白金星。ラッキーモチーフは平和の象徴、丸い形や水玉模様です。ネイルパーツとして、パールなどを使うのも良いですね。また、ネイルに使われるラインストーンパーツの多くが丸型をしていますので、ちりばめるだけでも充分に、あなたのラッキーネイルが完成することでしょう。六白金星のラッキーカラーは白色です。白色のラインストーンも良いですが、白地に、お好きな色のストーンを置くのも魅力的。相性が良いのは、土性をもった黄色やゴールド、水性をあらわすブラックなど。黄色味のかったピンクをした、シルク色のラインストーンなどがおすすめです。

転じて、相性が良い色の中にはゴールドが入っていますから、ゴールドのベースカラーを上手に使うこともおすすめです。ゴールドのネイルは、豪華さ抜群で、結婚式にはぴったり。そこにラインストーンを置くだけで、ゴージャスなネイルのできあがりです。指によって、ベースカラーをホワイトとゴールドに塗り分けるのも良いですね。

 

○七赤金星……「リボン」

少し幼い印象のものがラッキーアイテムとなる、七赤金星さん。かわいらしいものがラッキーアイテムとなります。特にオススメは、若々しい印象をも与えるリボンのモチーフです。七赤、という名称ではありますが、ラッキーカラーは金性の白となります。赤ではありません。むしろ火性である赤色と、この金性の白は、合わせないほうが無難。相性がよい色は土性の黄色やゴールド、水性のブラックです。せっかく、金星の性なので、ゴールドの地に白のリボンや、白地にゴールドのリボンなど、かわいらしい中にも豪奢な雰囲気の出るデザインがおすすめです。

リボンと一緒にラインストーンをあしらうなら、濃い黄色のサンフラワーや、薄い黄色のジョンキル。ホワイトの色きらめく、クリスタルムーンライト、ホワイトオパールといった色もおすすめですよ。

 

○八白土星……「鳥」

高さ、止まることに縁があるといわれる、八白土星。高いところに止まるといえば鳥ですよね! ネイルに幸運の象徴、白い鳥や、青い鳥なども良いかもしれません。八白土星のラッキーカラーは、土性をあらわす黄色やゴールドです。また、火性である赤やピンク、金性となる白は相性が良く、従って白い鳥のモチーフはことにおすすめ。パステルピンクの地色に、白やゴールドの鳥を遊ばせてみるのも一興でしょう。

ラッキーカラーという観点から言えば、青い鳥はさほど相性の良いアイテムではありません。「青」は水性の色ですから、土性とはあまり相性が良くないのです。寒色系の鳥を描きたい、と思うようでしたら、青から転じて、紫の鳥にしてみてはいかがでしょうか。紫は非常にシックで大人っぽい印象を与えるほか、高級、という意味合いもあります。色風水の観点からは、紫には青も含まれますが、赤、ピンク色の要素あっての紫ですので、あなたの結婚式アイテムとしてはおすすめの色ですよ。

 

○九紫火星……「花火」「光」「ランプ」

火や光に縁のある、九紫火星。夏場なら花火をネイルに描いたり、「光」をイメージしたネイルにしても良いでしょう。もうひとつ、光から生まれるものといえば、虹。虹は様々な色を使うアイテムですが、あなたのラッキーアイテムのひとつですよ。

火星というキーワードから想像するとおり、ラッキーカラーは赤やピンクです。また、光を表現するのに欠かせない金色は、土性の色で、相性が良いとされていますので是非使ってみてくださいね。ほかに相性が良い色には、木性の青色や緑色があります。また、光をあらわしたければ、ラインストーンを効果的に使うと良いでしょう。エメラルドやカプリブルー、ジョンキルなど、印象の強い色のストーンがおすすめ。赤のストーンなら、ライトシャムやヒヤシンス、ルビーやフューシャといった色を試してみてくださいね。

さて、光を表現するときに、難しいなと感じるのは、ネイルのベースカラーです。普段のネイルなら、ベースカラーをブラックや、ラメ入りのブラックにして、いろいろなものを描けばそれだけで光あふれるネイルが出来上がるのですが、結婚式というシチュエーションにおいては、「見て! 黒い爪よ!」と年配ゲストが驚く……という実例も報告されていますので、黒のベースカラーは、あまりおすすめできません。まだまだ、年配の方の間には、「黒=不吉」というイメージがぬぐい去れていないのでしょう。

ひとつのアイデアとしては、ベースカラーを、ブルー系の色にする、というものがあります。夜空なら濃いめのロイヤルブルー。昼の空なら水色。こうすることで、空に浮かぶ光のイメージもすてきに美しく表現できることがありますので、参考にしてみてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか? ラッキーアイテムは緊張したときのあなたの強い味方にもなります。是非、ネイルという小さなキャンバスに、ラッキーを描いてみてくださいね!

義家族とのコミュニケーションを助けてくれるパワーストーン

●結婚式のしばらく前から!美肌をつくるパワーストーン

●星座占いで選ぶ、あなたにおすすめの結婚前後の自分磨き

●必携!結婚運をアップさせるパワーストーンはこれ!

●都内のパワースポット|結婚式の成功を祈って!挙式前にお参りしておきたい

●マリッジブルーを払拭したい!心を落ち着けるおすすめパワーストーン

結婚式のペーパーアイテムなら口コミNo1の格安印刷込みのピュア招待状・席次表

ティアラ 前撮りの写真を入れてオリジナル席次表


「ブライダルネイルに取り入れたい、あなたのラッキーモチーフは何?白?」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事