結婚式披露宴の席次表に式次第を掲載するのはOK?内容は?

カテゴリー: 席次表コラム

席次画像

【披露宴の席次表って何が含まれるの?】

多様化する結婚式のアイテムの中でも、ペーパーアイテムは特に、新郎新婦の自由がききやすいアイテムです。
結婚式場の指示に従うのではなく、自分たちでデザインを選び、格安の印刷業者を選んで発注できるのが、メリットであると言えるでしょう。
そんな、自由度の高い結婚式の席次表の中に、式次第を含めることはできるのでしょうか?

 

式次第 席次表


■式次第が入る席次表デザインもある!

 

まず何よりも抑えておいていただきたいのは、「式次第を入れることのできる席次表のデザインもあります!」ということです。
結婚式で使われる席次表も様々で、サイズが小さく、披露宴のお食事メニューくらいしか入らないというものも確かにありますが、反対に、文字や写真の掲載スペースが大きくて、披露宴の進行がわかる式次第を入れ込むことができるものも、存在しています。


■具体的にどんなデザインがあるの?

 

式次第が入るかどうかは、席次表の紙面が大きいかどうか、そこにどれだけの情報を入れ込むか……ということに左右されます。
式次第が入るサイズの席次表とは、例えば、A3サイズの大きめの紙面を折りたたむタイプの席次表であったり、パンフレットタイプの席次表など様々です。
折りたたみ方は、3つ折や2つ折などがあります。パンフレットタイプの席次表なら、ページ数も多く取ってありますので、余裕をもって式次第を入れ込むことができますね。

反対に、サイズの小さい紙面に、「ゲストへの挨拶」「料理メニュー」「新郎新婦の自己紹介や相手紹介」「写真」などに加えて「式次第も……」と詰め込んでしまうと、あれもこれもと細かく並べ立てることになってしまったり、入りきっていない! という印象を与えることがあるので、要注意です。


■式次第の作り方

 

式次第は、あまり細かいところまで書かず、祝辞、お色直し退場など、主立った進行をざっくりと書くのがポイントです。
あまり細かいところまで記載すると、変更が必要になったときに、対応が難しくなってしまいますよ!

また、式次第を掲載するのなら、普通使う用語とは違う言葉で記載するのもポイントです。
主賓からの祝辞は、「祝辞」ではなく、「新郎主賓よりお祝いの言葉」とします。
また、「お色直し」は「色直し」と記載します。

基本的に、ゲストが行うことについては「ご」「お」を付けますので、歓談の時間などは「ご歓談」としてOK。
反対に、新郎新婦や、両親が行うことについては、丁寧語にならないよう留意が必要です。

なお、式次第の最後は、「披露宴が終了する」ということを示すのに「お披楽喜」とします。これは、一歩間違えれば忌み言葉になりかねない「お開き」に当て字をして、おめでたい雰囲気を出した素敵な言葉ですね!


【おわりに】


式次第の内容はそれぞれの披露宴において、変わってきますが、主要なポイントさえ抑えておけばOK。
また、掲載する式次第については、結婚式場のプランナーに、用語や内容をチェックしてもらうと安心です。
そして、席次表にどのように式次第を掲載したいのか迷ったら、印刷のプロに、オーダーや相談をしてみましょう。
スペースやデザインの問題など、プロは幅広くサポートしてくれるのでオススメですよ。

結婚式席次表プロフィール付きなら印刷込みで格安のウェディングアイテムピュアへ

 

席次表プロフィール・挨拶文・メニュー一体・画像


「結婚式披露宴の席次表に式次第を掲載するのはOK?内容は?」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事