結婚式の席次表はどんな用紙を使ったらいい?紙質は?

カテゴリー: 席次表コラム

一生の記念に残る結婚式にするために、用紙にもこだわりたい!

一口に席次表といっても、使う紙次第で出来上がりの雰囲気はまったく違うものに!

思い通りのものを作るために、どんな種類の紙があって、それぞれどんな紙質なのかをご紹介します。

 

【結婚式の席次表に適した用紙は?】

 

結婚式の席次表は、ゲストが会場に着いて最初に手にするものですから、新郎新婦やその披露宴の雰囲気を伝えられる大切なもの。

色やデザインはもちろんのこと、どんな用紙を使うのかによってまったく雰囲気が変わってきます。

結婚式の席次表によく使われる用紙は以下のようなものがあります。

<上質紙>

いわゆる”普通の紙”ですが、厚みによってもその質感は変わってきます。

<マット紙>

光沢はなく、柔らかい印象になります。

しっかりとした質感で温かみのある雰囲気。発色も鮮やかで手触りも良いので、結婚式の席次表には適した紙のひとつでしょう。

<コート紙>

表面がツルツルしていて光沢のある紙です。若干指紋が目立ちます。チラシやポスターなどにも使われる紙です。

マット高級用紙で席次表印刷オススメピュア

【結婚式の席次表でこだわるべき用紙の種類と紙質は?】

紙質を選ぶ時は、披露宴会場の雰囲気やイメージもあわせて考えたいところです。

たとえば、友人中心のカジュアルな結婚披露パーティーなら、明るい色味が映えるコート紙で作ると親しみやすい雰囲気のものができます。

老舗のホテルや職場の上司をたくさん呼ぶような披露宴ではちょっと高級感を演出したいですよね。そんな時は高級マット紙を使うといいでしょう。

それから大切なのは紙の種類だけではなく紙質。印刷がキレイにできてもある程度の厚みがないとペラペラで安っぽく見えてしまいます。自分で印刷をする場合には、プリンターと使う紙質があっているのかどうかも確認した方が良いでしょう。

ペーパーアイテムを注文する際は、実際に使っている紙をサンプル請求できるのかどうかも印刷を頼む時のポイントですね。

【それぞれ違う出来上がり感】

せっかく上質な紙を選んでも、家庭用のプリンターでは満足のいく発色にならないこともあります。高級感のある用紙にふさわしい仕上がりを求めるなら、印刷専門店におまかせください。

納得のいくプロの仕上がりでふたりの、そして大切なゲストの記念になる大切な1日にふさわしい、世界にひとつの席次表を作りましょう!

前撮り席次表


「結婚式の席次表はどんな用紙を使ったらいい?紙質は?」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事