無料?結婚式席次表のコスパ料金は?手作り?

カテゴリー: 席次表コラム

無料?席次表

結婚式をするとき、必ず考えなくてはならないのが、コストのこと。結婚式には、膨大とも言えるお金がかかります。どこで、どのような挙式をするのかにもよりますが

結婚式費用の全国的な平均値は、なんと300万円を超えているそうです。

 お金,席次表

そこで、少しでも費用を抑えたい……

ということで、席次表の手作りを考える方も、非常に多いことと思います。実際、インターネット網の発達した現代では、無料で作成できる席次表、テンプレートといったものがちらほらと見受けられるようになりましたね。こうしたテンプレートは、主に、席次表や席札に使うデザイン用紙を販売しているショップが、購入者向けのサービスの一環として用意しているものです。一見して、テンプレートがあるんだ、なんだカンタン! と思ってしまいがち。

 

ところが、席次表の手作りには大きな問題が何点か、潜んでいます。手作りの席次表をする場合には、この問題点を自分たちがクリアできるかどうか、よく考えてから行いましょう。実際に、手作りのデメリットを考えずに、席次表を作成することに決めてしまい、後あと、最悪の場合パートナーとの間でトラブルになることは少なくないのです。

席次表手作り印刷

席次表を手作りする際の、第一の問題は、『決して無料ではない』ということ。自分で作るのだから、ほとんど費用はかからないはず! ですとか、紙だけ買うなら安いよね……と思いがちなのですが、実際にはそうではありません。

席次表を手作りする際には、もちろんペーパーアイテムの紙そのものを購入する形になりますが、金額面では、業者に依頼するときの半額ほどはかかります。プラス、印刷費、そして自分の労働力……と思えば良いでしょう。

単純に半額ほどになれば良いかもしれませんが、さらに印刷が失敗したり、間違えたりで、用紙の再購入というようなことになると、半額では収まりきれない場合も想定しなくてはなりません。

席次表悩み

さらに、席次表の作成というのは、どこに誰を配席するか。肩書きはどのように書けばよいのか。非常に面倒な点が多いものです。間違いが発生しやすいのも、ここですね。挙式前の大変忙しい時期に、大きなプレッシャーを抱えることになってしまいます。

このようにして大変な思いで完成させる席次表ですが、どうしても、印刷品質を含め「てづくり感」から抜け出すことはできません。もちろんそれを、アットホームと解釈しても、良いと思います。逆に、高級感を出したい挙式の場合は、席次表や招待状のてづくり感はミスマッチかもしれません……。

 

まとめ

コストパフォーマンスという点を考えますと、一見安価に見える手作りの席次表ですが、必ずしもそうとは言えません。最終的には、挙式でゲストに見せたい「雰囲気」に大きく関わるもの。あなたの理想の挙式スタイルにあわせ、コスパという面にも注目して、席次表を作成すると良いでしょう。

結婚式のオススメペーパーアイテム専門店の格安結婚式席次表印刷ピュア


「無料?結婚式席次表のコスパ料金は?手作り?」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事