和装結婚式!どんな席次表にしたらいい?

カテゴリー: 席次表コラム

席次表

 

和装結婚式の席次表

和装での結婚式をしたい、お色直しは和装で……と考えていらっしゃる方は、結構たくさんいらっしゃると思います。ウエディングドレスの全盛期が過ぎたといってもよい今、和の魅力を全身で感じることのできる神前式も良いですよね! そしてさらに、昨今では、過去の「角隠し、打ち掛け」と決まり切った装束ではない、新しいオシャレな和装も次々と出てきています。是非これで! っと思うカップルさんも少なくないことでしょう。

そんな和装での結婚式、「和」をテーマにした結婚式で、絶対に「こだわり忘れ」を防ぎたいのが、結婚式の席次表や招待状です!

席次表招待状は、結婚式場でもたいてい、ある程度の選択肢があって、その中から式場のほうで発注し、作成することができます。しかし、やはり無理もないことなのか、圧倒的に洋装向きのデザイン、洋装での挙式を前提としたようなデザインが多いのが現実です。

視覚的にアピールできるデザインは、アイビー(洋風の植物)や、ティアラなどのモチーフがあしらわれたものが多いので、和装での結婚式や、和風の挙式、披露宴を企画しているというようなときは、どうしても、ただ白や茶や紺の地に、金字のエンボス加工……といったような、シンプルな席次表しか選択肢がなくなってしまうことがあるのです。

でも、折角の結婚式、あまりにシンプルに決めるよりも、ゲストにひと目見て「和の趣」が伝わるようにしたいですよね。

そんなときには、「寿」の文字をモチーフにした席次表。、二人の家紋をあしらったもの、松竹梅をデザインした席次表を用いるのがおすすめ! また、春には桜の花びらの席次表も、季節を感じさせるので良いですね。とりわけ、二人の家紋をあしらったものは、オーダー感が出てとてもすてきです! 大切なおじいちゃん、おばあちゃんにも「おっ」と思ってもらえそう。

結婚式場の備え付けデザインには、なかなか無いこれらのモチーフも、ペーパーアイテムのショップを見てみるとちゃんと用意されているので不思議です。

和装の結婚式だったのに、披露宴会場に来てみたら、席次表が洋風! でも、新郎新婦が入場したらやっぱり和風だった……

というような、ミスマッチ感を避けるためにも、席次表のデザインには、和装なら特にこだわりたいものですね。


「和装結婚式!どんな席次表にしたらいい?」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事