席次の挨拶文って何を書くの?挨拶文を入れるべき?

カテゴリー: 席次表コラム

手紙の画像

 

席次の挨拶文

このアイテムの中には、昨今、さまざまな情報を詰め込むことができるようになりました。ちょっと前までは、ただの席次表でしたが、今では、新郎新婦のプロフィール、お料理のメニュー、そして、新郎新婦から、ゲストの皆さんへの挨拶文までが含められたものが人気です。しかし、この挨拶文、一体何を、どのように書けば良いの? そもそも入れるべきなの? という疑問も……。そこで今回は、席次について解説します。

 

◆席次に挨拶文を入れるべき?

席次には、挨拶文を入れ「なくてはいけない」という決まりはありません。元々は、席次は席次表であり、挨拶文は入っていないものが主流でしたし、今でも挨拶文の入らない席次はたくさんあります。ただ、多くのゲストが披露宴の前に目を通す席次表というペーパーアイテムの中に、新郎新婦からの挨拶文がひとこと入っていると、「好感度は一気にアップします」。これが、席次に挨拶文を入れる最も大きなメリットといえるでしょう。

 

特に、結婚式は、新郎新婦のどちらか片方も含め、知らない人とも会わなくてはならないので、ゲストはなんとなく不安な居心地の悪さも感じます。そんなとき、挨拶文がひとつあると、自分の知らない新郎、あるいは新婦の「感謝の気持ち」を感じ取ることができ、ほっとすることができるのです。それと、結婚式では、ゲストの人数が多ければ多いほど、全員ときちんとお話をする時間を取ることはできません。それはとても時間的に厳しいことで、少しでもお話をする時間を取りたい……と考えていたとしても、新郎新婦の一日はとても忙しいのです。お礼の言葉を一人一人お伝えしたいと思っていたとしても、それが叶わないことも多いでしょう。

 

ですから、席次の挨拶文は、直接ご挨拶をできなかった場合の新郎新婦からの気持ち、歓迎とお礼の意思表示として、重要な意味を持つこともあるります。

 

手紙画像

◆席次の挨拶文って何を書くの?

席次の挨拶文は、あまりガチガチに緊張して、かしこまったことを書いたり、あるいはウケを狙ったり、無駄にカッコイイことを書いたり、しなくても大丈夫です。今日という良き日に、オシャレをしたりお金をかけて、新郎新婦のために駆けつけてくれたゲストの皆さんに、素直に御礼の言葉を申し述べれば良いのです。「本日はありがとうございました」、「これからもよろしくお願いします」。その気持ちを言葉にして、短い文で構いませんから掲載しましょう。

また、今後への抱負なども、あれば付け加えても良いですね。

 

◆挨拶文の文例|テンプレート

具体的な例文をいくつか挙げてみましょう。まず冒頭には、挙式披露宴の当日に、いらして下さったお礼を書き述べます。

「本日はご多用中のところお越し下さいまして、誠にありがとうございます」などの文言があればよいでしょう。「お忙しい中」という言い方もありますが、忙しいという文字の中には「亡」という字が含まれていることから、結婚式ではあまり使わない表現であることを覚えておきましょうね。

次に、皆様のおかげで今日の日を迎えることができた……というお礼の気持ちを表します。「皆様に見守っていただき、今日の日を迎えることができました」あるいは、「今日の日を迎えることができましたのも ひとえに皆様のお力添えのお陰と厚くお礼申し上げます」等が相応しい文言です。

 

最後には、「未熟な二人ではありますが、今後とも御指導のほどよろしくお願い申し上げます」などと締めるのが適切です。

これらの他にも、「遠方からお越しくださり……」としたり、「ささやかなお披露目の席を設けました どうぞ楽しいひと時をお過ごしください」等と含めるのも良いでしょう。

 

 

□テンプレート【コピーしてお使いください。】

本日は  おいそがしい中  私達のために

ご出席いただきありがとうございました

感謝の気持ちでいっぱいです

この良き日に  ご来賓くださいました皆様は

私たちにとって  かけがえのない方々ばかりです

二人をここまで育ててくれた父や母への

感謝の気持ちを忘れることなく  人生を

歩んで行きたいと思います  まだまだ未熟な二人を

どうか温かく見守ってください

今後ともご指導の程よろしくお願い致します

 

本日はおいそがしいところ私たちのために

ご出席いただき誠にありがとうございます

多くの方々に支えられて

私たちは今日結婚します

本当に感激しています

この感激を心に留め

二人で力を合わせて進んでいきたいと思っています

まだまだ未熟なふたりですが

これからも今まで同様に末永いご指導と

お力添えをお願い申し上げます

 

おいそがしいところご出席いただきありがとうございます

これまで私たちふたりはそれぞれの道を多くの方々に支えていただきながら歩んでまいりました

今日からは手を取り合って同じ道をしっかり一歩一歩進んでいきたいと思っています

そのためには皆様のお力添えなしにはなし得ませんこれからも私たちふたりを温かい目で見守ってくださいよろしくお願いします

 

本日はおいそがしいところ私たちのために

ご出席いただき誠にありがとうございます

両親や多くの先輩 友達…

多くの方々に支えられて

私たちは今日結婚します

まだまだ未熟なふたりですが

力を合わせ素敵な家庭を築いていきたいと思います

皆様方は私たちにとってかけがえのない宝です

これからも今まで同様に末永いご指導と

お力添えをお願い申し上げます

 

本日は ご多用のところお越し下さり 誠にありがとうございます
皆様に暖かく見守られ 今日の日を迎えられることを嬉しく思います
未熟なふたりですが 手を取り合い 共に歩んでいきたいと思います
どうぞ 楽しいひと時をお過ごし下さい

 

本日はご多用中にもかかわらずお集まりいただいた皆様

また遠路はるばるお越しいただいた皆様
私達の結婚式にご出席いただき誠にありがとうございます
皆様の祝福につつまれて今日のよき日を

迎えられましたことを心より感謝申し上げます
これからの人生を互いに思いやり一歩一歩歩んでいきたいと思います
まだまだ未熟な二人ですが今後とも

末永くご指導のほどよろしくお願い申し上げます

 

本日はおいそがしいところお越しいただ き誠にありがとうございます

多くの方々に見守っていただき本当に幸 せです

皆様の温かいご支援に感謝しこれからも 社会の一員としてふたりで

一生懸命楽し い家庭を築いていきたいと思います

わずかな時間ではありますがどうぞ楽し いひとときをお過ごしください

 

◆挨拶文で押さえたいポイントは?

挨拶文を考えるとき、考慮したいのは、結婚式の当日はどうしても忙しくて、一人一人に御礼を言いたくても、そんな暇はなかなかない……ということです。席次表の挨拶文は、当日の新郎新婦の大切な代理。そうと思えば、おのずから書き表したい言葉は浮かんでくることでしょう。

挨拶文は長すぎる必要はありません。あまりプライベートなことに言及するのではなく、お礼の気持ちをあくまでもメインに、内容を考えてくださいね。

 

まとめ

席次表の挨拶文には、文例やテンプレートもたくさんあります。

迷ったときには参考にして、しかしできれば最終的にあなたがた二人の言葉で、感謝を伝えられたらいいですね。

是非参考にしてみてくださいね。

スマホで簡単注文ならピュア

ティアラ 前撮りの写真を入れてオリジナル席次表


「席次の挨拶文って何を書くの?挨拶文を入れるべき?」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事