結婚式 披露宴 平均時間はどれくらい挙式・披露宴・二次会の進行時間?

カテゴリー: 結婚式コラム

披露宴平均時間画像

結婚式や披露宴の平均時間は?

結婚式や披露宴のプランを立てるにあたって、どれくらいの時間を披露宴にあてるかは、あらかじめ知っておきたいもの。披露宴の平均時間は、一体どれくらいなのでしょうか? 今回は、挙式、披露宴の時間についてまとめました


■結婚式の時間は意外と短い!

未経験だと、長い時間がかかるのかなと思われがちな結婚式ですが、挙式自体にかかる時間は意外に短いモノ。新郎の入場と新婦の入場、二人の誓いに指輪交換、司式者の祝辞とお祈り、退場……。すべて合計して、20分ほどの時間になります。
演出するイベントによって、その後のブーケトス、フラワーシャワーなどに10〜15分ほど時間がかかる場合もありますが、挙式する当人たちにとっても、また列席者にとっても、あっという間の時間になることでしょう。


■披露宴の時間は規模によって様々!

披露宴の時間は、人数が増えるほど基本的に長引く傾向にあります。新郎新婦のテーブル回りや、余興のない時間などに新郎新婦の高砂にゲストが訪問する時間が増えるため、その分ゲストの量に応じて長くなっていってしまうのです。
とはいえ、多くの披露宴の基本的な時間は2時間。余興、お色直しを含めて、大体がその中で行われます。余興が多い、お色直しに予定外の時間がかかるなどで2時間半などになっていくケースもあり、どうしても平均的には2時間半くらいになってしまうのですが、長引くほどゲストには不評の傾向です。

希に、すごくゲストが多いですとか、お色直しや余興が多いなどの理由で、4時間を越える披露宴を行う方もいらっしゃいます。ゲストが多い場合は、どうしようもないので納得していただけますが、お色直し、余興に新郎新婦のやりたいことを全部詰め込む……というタイプの披露宴では、ゲストに「疲労宴」と陰で揶揄されることもあり、考え物。

ゲストが多いケースでは、新郎新婦だけではなく、お互いのご両親のお知り合い、ご友人を招かなくてはならない披露宴もあり、ご本人たちの意志では如何ともしがたいことも。ゲストの側にも、事情を推し量る優しさが欲しいですね。


■二次会にかかる時間は?

二次会は、ホテルの部屋やレストラン、ゲストハウス、バーや一般のレストランを貸し切って行われるケースが多いことでしょう。
二次会でも、所要時間はおおよそ2時間です。こちらは結婚式場とは対応力も違い、あまり時間が長引くことに対して、飲食店側にいい印象を持たれません。時間内に納めることが幹事に要求されます。
そこで、二次会につきものの「余興」について、時間の進み具合によっては削ることのできる余興を用意しておくのがベストとされていますよ。
二次会でも、新郎新婦の入退場や挨拶、歓談といったことは欠かせませんから、余興に時間を掛けすぎるのはNG。でも、ゲーム程度はあったほうが良いかもしれませんね。
二次会でよく聞かれるのは、「時間は長かったけど、新郎新婦と交流する時間がなく、食べ物も時間のぶんだけ持たず、最後は何もなかった」という苦情。二次会は引き出物がなく、会費を取るのが一般的ですから、食べものの量が足りないのは後に不満を残す大きなポイント。注意したいものです。


おわりに

いかがでしたか? 行くからには長丁場は覚悟の上の結婚式ですが、自分が招かれる側の立場に立ってみれば、楽しい長丁場にしたいですし、それでもあまりに長いのはお断りですよね。皆さんも、平均的な時間や、時間と比例する注意点などを参考に、楽しい結婚式や披露宴を企画してくださいね。

結婚式席次表印刷なら格安ピュア

 


「結婚式 披露宴 平均時間はどれくらい挙式・披露宴・二次会の進行時間?」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事