結婚披露宴、席の並びの決め方!親族、友人、上司の席次を考える

カテゴリー: 席次表コラム

招待客結婚式

結婚式でゲストが楽しみにするものと言ったら、席次表ですよね。どの席に座って、誰と同じテーブルになるんだろう?と気になるものです。また、披露宴がはじまるまでの時間つぶしに座席表を友人と見合って話題にすることも。

席次表は隠れた主役とも言えます。

 

そんな席次表のメインである席の順番。結婚式の披露宴ともなると、たくさんの人が来ますから悩んでしまいますよね。

そこで、ここではまず披露宴での席次の基本をおさえておきましょう

 

席次表の配置スタイル

席次表の配置スタイルは基本的に、くし型とちらし型の二つがあります。

くし型は大人数でも入りやすいスタイルで、長机を新郎新婦にむかって縦に並べて席をつくる形です。

ちらし型は円卓テーブルをバランスよく配置するスタイルのことです。

ここではちらし型のスタイルを前提に席次の決めかたについてお話することにします。

 

席の順番を決める際は、上座(主賓)と下座(末座)を参考に席を決める基本的なルールがあります。

上座とは、新郎新婦に最も近い席のことでそこに座る人が主賓になります。ここには新郎新婦の恩師や上司に座ってもらいましょう。

また、下座というのは新郎新婦から最も遠い席のことを言います。ここは新郎新婦の両親の席にするのが妥当でしょう。披露宴では新郎新婦の両親はホスト、またホステスになりますので主賓にすることは少ないのです。

ですが、「せっかくの結婚式だから、お世話になった家族に晴れ姿をよく見てもらいたい!」と思うこともあるでしょう。そんなときは新郎新婦に近いけれど端で目立たないテーブルに席を設けてもいいかもしれません。ご両親に相談しながら柔軟に席を決めていきましょう。

また、席を決める際には披露宴会場の歓談が盛り上がるように、友人、知人同士を近づけて配置するのも欠かせません。その際には年齢も近い人同士を近づけるのがいいでしょう。

 

これらが基本的なルールの一例です。ただ、ほかにも守らなければならないルールや、参考にするべき決まりは数多くあります。

席次を決める際のルールを守ることは、ゲストが披露宴をリラックスして楽しむために非常に重要なことです。

みなさん、席次を決めるときはゲストを気づかいつつ楽しんで配置を考えましょう。楽しい気持ちが席次表からゲストに伝わり、新郎新婦だけでなく、ゲストも一緒に楽しめる素敵な披露宴になるはずです。

結婚式の結婚式席次表なら印刷込みで格安のウェディングアイテムピュア

 

 


「結婚披露宴、席の並びの決め方!親族、友人、上司の席次を考える」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事