ブライズメイド&グルームズメンで華やか挙式「カブっちゃいけない」もう古い!

カテゴリー: 結婚式コラム

ブライズメイド&グルームズメン

結婚式の服装マナーとして、一般的に言われているのが、「花嫁、花婿とカブらない!」ということ。

結婚式に参列する友人知人の立場として、花嫁とカブる白いドレスで行くのはもってのほかですし、また、男性でも、新郎と被ってしまう可能性のあるような、明るい色のスーツは避けるべき……と言われています。
よほどのマナー知らずでなければ、これらのことは知っていて当然。ですが、現在の結婚式では、花嫁花婿が望む場合に限り、「演出としてカブる」ケースが出てきているのをご存知でしょうか?

これは、実は、あまり新しい風習というわけではなく、むしろ、古い古いヨーロッパの風習です。
神や悪魔の存在が当然と信じられていたその時代、結婚式の折には、幸せな二人を妬む悪魔が、その幸せを邪魔しに来るとも信じられていました。
そこで、花嫁や花婿の友人たちは、わざと彼らと似たような格好をし、悪魔の目から二人を隠すように仕向けたのです。

これが、現在ではブライズメイド、そしてグルームズメンと呼ばれ、演出として行われることがあります。

ブライズメイドについては、花嫁介添人という意味合いの言葉ですから、結婚式場スタッフがブライズメイドを請負うことがほとんど。ただ、演出としてのブライズメイドは全くの別物で、新婦の姉妹や親しい友人の中から数人が選ばれ、ちょっと花嫁っぽい白いドレスや、白の花冠などを着用して、挙式を盛り上げます。とはいえ、ロングドレスではなくワンピースの範囲内ですから、花嫁と間違えられることはありませんよ。
グルームズメンに関しても同様で、新郎の兄弟や友人の中から選ばれた数人が、新郎によく似た、しかし同じではない格好で、新郎のそばに控えます。

海外のグルームズメンたちは、バチェラーパーティー(新郎の、独身最後の日のパーティー)を取り仕切ったり、二次会の幹事もしてくれますよ。

ブライズメイドやグルームズメンは、人数を揃えておくのがポイント。写真撮影などでも、なんだか面白い、かつステキな感じになって、楽しめますよ。

とはいっても、日本の結婚式では、まだまだ「カブらない」のが常識。ゲストとして「サプライズ!」なんて勝手にブライズメイドや、グルームズメンを設定したりするのは、トラブルのもとです。
あくまでも、新郎新婦の立場からこのようなイベントを企画したい! という意志があれば、親しい友達やきょうだいに相談してみましょうね。

ピュアのおすすめペーパーアイテムならこちら↓

席次表プロフィール・挨拶文・メニュー一体・画像


「ブライズメイド&グルームズメンで華やか挙式「カブっちゃいけない」もう古い!」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事