結婚式に必要?「サムシング・ブルー」って何?

カテゴリー: 結婚式コラム

皆さんは、サムシング・ブルーという言葉を聞いたことがありますか?

結婚式には、「サムシング・ブルー」があると良い……というお話。一体、サムシング・ブルーというのは何のことなんでしょう?

サムシング・ブルーは、そのまま日本語にすると、「何か青いもの」という意味合いになります。
欧米では、そもそも「サムシング・フォー」という、結婚式にあると花嫁が幸せになれると言い伝えられている「4つのモノ」があり、ブルー、つまり「青いもの」は、その4つのうちの1つなんです。

サムシング・フォーは、並べてみると、以下のとおりです。
「サムシング・オールド」(なにか古いモノ)
「サムシング・ニュー」(なにか新しいモノ)
「サムシング・ボロー」(なにか借りたモノ)
「サムシング・ブルー」(なにか青いモノ)
……こうして見てみますと、なにか青いもの、だけが、色を指定された、異質な感じを放っているような気がしますね。

なにか青いモノがあると、花嫁が幸せになれる……と言われるようになったゆえんは、詳しくはわかっていませんが、青は、花嫁の純潔をあらわす色であること、そしてまた誠実さをあらわす色であることから、結婚式に身につけると、しあわせになると言われているようです。

欧米ではこれを、他人に見えないように身につけることで花嫁が幸せになれる! としています。
そこで、欧米の花嫁さんたちは、一般的にはドレスの下、会場の皆さんには絶対に見えない「ガーター」に、青いリボンを飾り付けて、結婚式に参加しているのだとか。

日本では、ガーターがある場合と、そうでない場合がありますので、ガーターを用いる人は同じように、ガーターの飾りに。
そうでない場合には、身につけるモノのどこか……例えば、ドレスの飾りや、ティアラの宝石のひとつをブルーのものにしたり、結婚指輪にブルーの宝石をあしらうなど、様々な工夫をして、こっそり青いものを身につけている花嫁さんがたくさんいらっしゃるようですよ。

また、もともと欧米では、他人から見えないように……という言い伝えではありますが、日本ではそこまで厳しいルールとして捉えられていませんので、当日手に持つブーケの中に、青い花を一輪混ぜ込むというオシャレな花嫁さんも、いらっしゃるようです。

それから、結婚式の招待状に「サムシング・ブルー」のあるものを選ぶ方もいらっしゃいますよ。つまり、青の色が入った招待状や席次表を用意すれば、当日にゲストたちが、サムシング・ブルーを手に集まってくれるというわけです。

これから結婚式……という花嫁さん、もしも余裕があったら、この「サムシング・ブルー」のことをちょっと思い出して、当日身につけるものの中にこっそりと、青い色を混ぜ込んでみては、いかがでしょうか。

席次表プロフィール・挨拶文・メニュー一体・画像


「結婚式に必要?「サムシング・ブルー」って何?」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事