結婚式の費用 見積もりよりオーバーするのが普通? 

カテゴリー: 結婚式コラム

結婚式の費用 見積もり

 

結婚式は一生に何回もできるものではありません。だからこそ式を挙げるときは後悔のないように、豪華で満足できるものにしたいですよね。

 

けれど、結婚式を挙げるには大きなお金がかかります。

じゃあ実際どのぐらいのお金が必要になるのか。みなさん気になりますよね。

今回は、先輩花嫁たちがどのぐらいの資金で結婚式をあげているのか見ていきましょう

 

 

  • 見積もり表って?

 結婚式のプランを立てるときには見積もりが必要になります。見積もり表は、披露宴の総費用の大体が書かれた明細書です。

 

料理、飲み物、衣装、引き出物料など、さまざまな項目に分けられてかかれています。

披露宴を催すにあたり、必要なものとその商品の単価、必要な人数が書かれているのです。

 

平均的に、見積もりの段階では多くのカップルが250万円から300万円の予算を準備するようです。

 

 

  • 見積もり表にかかれないもの

 けれど、じっさいに払うお金は見積もり通りにはならないことがほとんどです。

見積もり表はサービスや商品の予算についてとても細かく書き込まれていますが、それでも項目漏れしている商品が数多くあります。

 

例えばゲストの宿泊、交通費用や、招待状の郵送料などは書き込まれません。

 

 

  • ランクアップしがちな項目

また、見積もり表にはかかれているけれども、予定から大幅に増減する項目もたくさんあります。

たとえば、子ども用のお料理や、記念写真、引き出物。これらはゲストの増減によって値段が大きく変わってきます。

なかでも、子ども用のお料理はほかのゲストと違って少なめにつくりますが、値段はそんなに変わらないことが多々あるので、かなりの誤算を生んでしまうことも多いようす。

子どもだからと人数把握を怠ると、後でびっくりしてしまうかもしれませんから、気をつけて下さいね。

 

ゲストの増減によって値段が変わってくるものには、以上のほかに、ペーパーアイテムなどもあります。「紙だから」と甘くみていてはいけません。

ペーパーアイテムには招待状や、席次表、席札、などがあります。平均的にそれぞれ、500円、700円、200円であるとして、一人増えただけでも1000円以上の差額がでてしまうのです。

 

 

  • まとめ

見積もりや予算の段階では250万円から300万円が平均的だそう。けれど、じっさいに払うときには大抵のカップルが予算をオーバーしていることが多いのです。平均的には300万円から350万円。50万円から100万円の差があります。

 

上記に書いたように、それらは項目もれのチェックやゲストの人数把握を怠ってしまったことによるものが大きいのではないでしょうか?

 

楽しい結婚式が終わった途端、請求書にガッカリ。なんてことにならないように、お金の管理はきっちりしたいものですね!

 結婚式招待状・席次表・席札なら格安ピュア

席次表プロフィール・挨拶文・メニュー一体・画像


「結婚式の費用 見積もりよりオーバーするのが普通? 」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事