結婚式でのお車代はみんなどれくらい渡すの?お車代の相場は?

カテゴリー: 結婚式コラム

結婚式お車代

結婚式でお車代ってどう出すの?

結婚式でよく言われる、お車代。
ケースによっては、後で「お車代が出なかった」なんて文句を言っている人も見かけます。
お車代って、結婚式で必ず出さないといけないものなのでしょうか?
誰に、どれだけ支払うモノ? 金額はいくらくらいなの?
結婚式における、お車代のあれこれをまとめました。


■お車代を渡す相手とは?

まずは、お車代を渡す相手のことを考えてみましょう。
お車代は、結婚式ゲストの全員に渡すものではありません。
お車代と名が付いているくらいなので、遠方から来るゲストには渡すのが一般的です。
また、挙式や披露宴において、主賓となる方と、乾杯の音頭をお願いした方には、お車代をお渡しします。
祝辞や、受付をお願いする相手には、必要に応じてお車代を包みます。
必要に応じて、というのは、例えば会社の上司や役職付きの方だった場合には、包んだほうが無難、という考え方もある。反対に、気心の知れた友人などの場合、お金を渡すより、物品でのお礼が好ましいこともある、という意味です。
つまり相手や、相手と自分との関係をみて、ということになりますね。
お車代は、名目はお車代ですが、内実はほぼ「お礼」です。
ただ、いただいたご祝儀の金額、披露宴にかかる料理等の金額を勘案し、そのうえでお車代を支払ったらプラスマイナスおかしいな? ということになるケースでは、お車代を渡さないケースもあります。
親御さんや、パートナーとよく相談しましょう。


■お車代の金額相場は?

お車代の金額相場はケースバイケースです。
相手が、遠方からのゲストの場合には、交通費の半額〜全額になるよう、お包みします。
交通費は、飛行機を使うのか、新幹線なのか、宿泊するのか……具体的にどれくらいになるのか等々、具体的に計算してみましょう。
その中で、お二人の出せる金額を調整しますが、いずれにしても最低でも半額は負担するのがマナーとされています。

主賓、あるいは乾杯の発声をお願いする方については、お車代の相場は1万円、とされています。
また、受付や祝辞を引き受けてくださった方については、お車代をお渡しするのであれば5,000〜1万円。
皆さんの役職等によっては、主賓や乾杯の方と差が付かないように……と調整する方も多いようです。
さきほども少し述べましたが、相手との関係性を考えて決めましょうね。


おわりに

お車代は、受付けで渡してもらうことも多いですが、お礼を兼ねて、新郎新婦の親から、相手に渡すということもあります。


その意味では、親御さんと封筒の中身を相談するのもよいでしょう。
特に、遠方の親族への交通費は是非一度、相談してみましょうね。

席次表格安印刷ピュア 


「結婚式でのお車代はみんなどれくらい渡すの?お車代の相場は?」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事