法事での会食にも席次表を使うってホント?

カテゴリー: その他印刷物

法事での会食にも席次表

冠婚葬祭では、親族や普段から関わりのある友人知人だけでなく、面識の少ない親戚や縁のある方をお呼びするので実は初めてお会いするというケースもあります。多くの方が一同に会するため、お互いに気兼ねして窮屈な思いをさせたり失礼がないよう席次表の準備が必要です。

 

【席次表の目的とは】

席次表は、招待客の座る席の位置を先に定めて、その場所をお知らせするために使います。

結婚披露宴で使われることが多いですが、通夜・お葬式、法事などの御家の冠婚葬祭だけでなく、祝賀会や授賞式、発表会などでも活用されています。

席次表には、名前だけでなく間柄や肩書を記載することで、招待客同士の交流に役立ててもらう役割りも担っています。そのため、法事での会食でも席次表を用意することもあります。

 

【結婚式での席次と席次表】

結婚式の席次では、古くからの「結婚は家と家との結びつき」という考えが強いこともあり、高砂席(主賓:新郎新婦のテーブル)を向いて左側に新郎親族・関係者、右側に新婦親族・関係者が座ります。そして、前方が上座となり下座に向かって、上司・目上の方→勤務先や学校の先輩→友人・同僚→親族→家族→両親の順に並びます。

 

結婚式での席次表は華やかなデザインが多く、写真やイラスト、リボン、モチーフなどで装飾されたものが人気ですが、和をモチーフとした結婚式では家紋を入れて上品に仕上げたものも根強く愛されています。

 

【法事の会食での席次と席次表】

法事の会食での席次でも並び順があります。間違えやすいのが、喪主の席です。

通夜・お葬式・法事では、祭壇(故人)の正面に僧侶、そして僧侶の右手側に喪主、遺族、近親者、親族の順に、僧侶の左手側に世話役代表(葬儀委員長)友人、知人、関係者となります。しかし、会食の席では上座に僧侶が座りますが喪主は下座の最後の位置になります。上座からの下座に向かっては、故人と結縁関係の薄い順となり、結婚式の並びと同じ順番になります。

 

法事の会食で使う席次表は、デザインをシンプルに清潔感のあるものにしましょう。薄めに草花をあしらうくらいに留めてください。

席次表の作成・印刷用にインターネットでテンプレートが入手できます。ホテルや割烹旅館など会食を多く扱う店舗なら無料で用意してもらえるサービスがある場合も。また案内状や御礼状をご用意されるのであれば印刷業者へご相談されてみるのはいかがでしょうか。

 

冠婚葬祭での礼儀作法やマナーは大切です。結婚式の場合は、多少は新郎新婦の趣味嗜好や都合を招待客が理解してくれますが、法事となると更に気を使うことになります。地域性や御家のしきたりもありますから、ご家族でよく相談してご準備されることをおすすめします。

席次表法事・祝賀会ならウェディグアイテムピュア

 


「法事での会食にも席次表を使うってホント?」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事