結婚式の招待状の宛名書き!注意点は?

カテゴリー: 招待状コラム

結婚式のゲストに送る招待状

その宛名書きは、招待状の「顔」ともいえる部分です。

正式な封書として細かいマナーがありますので、失礼のないように作成したいものです。

結婚式招待状の宛名書きの書き方についてまとめました。

 

毛筆で書くのが正式

基本的に、結婚式招待状の宛名書きは毛筆で書きます。

毛筆書きが苦手な人もいると思いますが、ボールペンなどで書くのはあまりおすすめできません。

最近はパソコンで作成し、印刷するという方法もありますが、できればひとりひとり手書きで書きたいものです。

どうしても毛筆書きが苦手という人は、筆耕を頼むのも一つの方法です

 

縦書き、横書きは招待状に合わせる

招待状が縦書きなら、宛名書きも縦書きにします。

中身と宛名書きをそろえて統一感を出すようにしましょう。

 

住所は宛名よりも小さく書く

住所は宛名よりも小さめに書くようにします。

数字は縦書きなら漢数字、横書きならアラビア数字で記入するのがきれいです。

 

敬称の書き方

敬称は「様」を用います。

ただし、恩師の場合は「先生」を使います。

連名で送る場合、夫婦であれば、それぞれの名前に「様」をつけるか、奥様は「令夫人」と書きます。

家族で招待する場合は、「ご家族様」としましょう。

 

慶事用切手を貼る

結婚式の招待状に貼る切手は慶事用のものを使用します。

また、切手を貼る前に重量を確認しておきましょう。

招待状が厚すぎて、重量が定型外になってしまっているのに気づかず送ってしまうと、とても失礼に当たります。

 

手渡しの場合

手渡しで招待状を渡す場合は、住所を記入しません。

封筒の中央に名前と敬称のみを書いて渡します。

住所を記入したものを手渡すと、「郵送するつもりだったが、たまたま会う機会があったのでついでに渡した」という印象を与えてしまいます。

宛名書きをする際に、前もって手渡しする人の招待状を分けておくとやりやすいです。

 

名前は正しく記入する

宛名書きでは、名前に誤字がないように、何度も確認するようにします。

結婚式前はいろいろとやることが多いので、時間をかけたくないと思うかもしれません。

しかし、一生に一度の結婚式の宛名書きを間違えると、その後の人間関係に影響を与えかねません。

特に、漢字には旧漢字と新漢字があります。

これも、間違えないように慎重に記入するようにしましょう。

 

もし、書き間違ったら

もし、名前を書き間違ってしまったら、新しい封筒に書き直します。

修正液を使ったり、二重線での訂正は、絶対にしてはいけません。

【おわりに】

結婚式の招待状は、宛名書きも気を抜けません。

招待状の顔である宛名書きで失礼があると、招待状を開ける前に不愉快な思いをさせてしまいます。

細かいマナーが多い宛名書きですが、ひとつひとつ丁寧に確認して、完璧な招待状を作成しましょう。

結婚式招待状宛名書き印刷ならウエディングアイテムピュア


「結婚式の招待状の宛名書き!注意点は?」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事