結婚式の席次表のルールや席の決め方を知りたい!

カテゴリー: 席次表コラム

席次表決め方ルール

基本的なルールをおさえておけば大丈夫!

結婚式の席次表はゲストの人数や関係性によって席の決め方にルールがあります。基本的なルールを守りつつ、ゲストの方に結婚式を楽しんでもらえるような席次にしましょう。

 

【席次表の上座や下座など基本的なルールとは】

テーブルの配置が横でも縦でも、新郎新婦に一番近い席が上座となり挨拶をしていただく主賓の方などから、職場の上司や恩師など目上の方に座っていただきます。両親はこの日ゲストをもてなす側なので、高砂から一番遠い下座(末席)になります。

この間に、親族や友人の席を配置していきますが、親族は基本的に年齢や血縁関係を考えながら席を決めます。あまり会ったことのない親戚などは関係性もよくわからない場合もあるのでご両親に聞いた方がいいかもしれません。友人は職場や学生時代の先輩など自分よりも目上の方、お世話になった方から順に、同僚、親しい友人と続きます。

席次表見本

 

【ゲストの関係を考えながら席を決める】

 

席次表を作る時はテーブルの数とゲストの人数から、それぞれのテーブルに座る人数を決めていきます。基本的なルールを守ることは大切ですが、順番を考えるあまり、一人だけ関係の違う人を別のテーブルに座らせてしまったりすると、その空間自体が居心地の悪いものになってしまうかもしれません。

 

また、誰と誰を隣り合わせるか、ということも重要ですね。結婚式に招待する間柄ですから、ある程度の人間関係は把握しているでしょう。あまりに会話の弾まない人同士を隣にしてしまうと、周りも気を使ってしまってそのテーブル全体がなんとなくぎこちない雰囲気になってしまうことも。

たとえば職場関係の人が多い場合に、上司2人がそりが合わない人だったとしましょう。順番だからとその2人を同じテーブルで、かつ隣においてしまうと部下の人たちが気まずい思いをします。その場合は部署で分けるなどして、上位のお二人をそのテーブルの上位の席にお座りいただければバランスが取れます。

テーブルの人数はそれぞれまったく同じでなくてもかまわないので、柔軟に対応しましょう。

 

【順番がおかしくないか最終チェック!】

だいたいのグルーピングや人数や配置が決まったら、実際にレイアウトしてみます。順番に間違いがないかの最終チェックをしましょう。名前は上から下に並べるものですから、丸いテーブルの新郎新婦側(高砂に近い方)から年齢の高い人が並んでいるかどうかを確認します。

また、小さい子どもを連れている親戚などは泣いた時やトレイにいく時に外に出やすいよう、ドアの近くに座っていただくなどの配慮があると嬉しいですね。

基本的にはパッと席次表を開けてみた時に、並び方が不自然でないかどうかをチェックすれば大丈夫です。

 

【結婚式席次表のルールと決め方のまとめ!】

 

目上の方が不快に思わないような基本的なルールに則った配置を心がけるとともに、あまりルールにとらわれずにゲスト全体が居心地よく過ごせるような空間作りが大切です。

最近では、両親や仲の良い友達を近くに座らせたい、という新郎新婦も増えているようですが、あくまでもゲスト全体のバランスや今後のおつきあいなども考えて決めていくことが大切です。

 

席次表プロフィール・挨拶文・メニュー一体・画像


「結婚式の席次表のルールや席の決め方を知りたい!」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事