席次表の作成|「友人」の正しい順番と上手な並べ方

カテゴリー: 席次表コラム

席次表レイアウト

席次表「友人」の正しい順番と上手な並べ方

披露宴で席次表を用意する時、主賓と親族の位置は分かりやすいですが「友人」の席を決めるのに悩まれてしまうケースが意外にあります。先輩新郎新婦の事例を参考に披露宴でゲストが楽しい時間を過ごせる席次表を作ってみませんか。

 

【披露宴の席次表、友人の席と順番】

披露宴の席次の基本は、新郎新婦のメインテーブルがある方向が上座で一番近い席に主賓が座ります。続いて下座に向かって上司(目上の方)、勤務先や学生時代の先輩、友人・同僚、親族、家族、両親の順となります。

ゲスト席がくし型(長テーブル)の場合は、会場中心から左右外に向かって、席の並びは新郎新婦側から順に上座→下座となります。ちらし型(丸テーブル)の場合も、席の並びは新郎新婦に一番近い席が上座となり、新婦()側は時計回り、新郎()側は時計逆回りの順になります。

 

友人の順番に、正しい決まったルールは実はありません。先輩新郎新婦の決め方をチェックしてみましょう。

 

・知り合った順   高校の友人→大学の友人→社会人になってから知り合った友人

・仲の良い順    大親友→毎年会う機会のある友人→久しぶりに会う友人

・年齢の順     友人の年齢層がバラバラなので、年上のゲストからの順番に

・「五十音」順   同じような関係の方が多かったので

席次のことで変な感じにならないよう、ゲスト同士が過ごしやすい席順を考えましょう。

 

【披露宴の席次表、友人に合わせて決める】

披露宴では友人にスピーチを頼んでいたり、歌など余興をしてもらうこともありますよね。その時は導線を考えて席次を決めると当日の進行がスムーズになります。

・スピーチをお願いしている友人

・上座に座ってもらう

・マイクに近い席にする

・余興を予定している友人

・舞台に近い席にする

・荷物の関係で出入り口に近い席にする

 

他にも、小さなお子さまもご一緒されるゲストやトイレが近いなど相談を受けている時は出入り口に近い席にしてあげると良いです。


披露宴風景

新郎新婦でご招待する友人の人数に大きく差がある場合、混合席を作られても問題ありません。

・来賓と友人の混合席に、学生時代の恩師と同級生に座ってもらう

・会場中央に近いテーブルを新郎新婦の両友人席にする

初めて会う友人同士になる場合は、年齢層や趣味、職種などの共通点に合わせて席次を決めることで話も自然に盛り上がるはずです。

 

【披露宴の席次表、友人席と最後の調整】

席次表の友人の順番、導線や事情に配慮が必要なゲストが決まったら、実際のテーブル人数に合わせてグルーピングしてみましょう。各テーブルに座るゲストの顔ぶれを思い出しながら全体の最後の確認と調整をします。

 

新郎新婦と仲の良い順にしても、ゲスト同士の仲も良いとは限りません。披露宴を楽しんで選んだ料理をおいしく召し上がってもらうために、本人や周りのゲストに気を使わせない配慮も必要です。そこで、順番に違和感がない程度でそっと席を変更しましょう。

 

また、友人の混合席がある場合は、両方に関係がある方を優先に移動してもらいますが、お喋りが上手な友人に入ってもらい話題を振ってもらうとゲスト同士が仲良くなるキッカケにもなります。

 

全体のグルーピングが定まると必要なテーブル数も確定できるので、会場の配置を席次のルールに沿って決めていけます。近いテーブル同士にも気配りできれば尚良いですが、あまり考え過ぎて迷い決められなかったら、最初に決めた順番に戻ってみるのはどうでしょうか。

 

席次とゲストの順番も決まったら、いよいよ席次表の印刷になります。実際の会場図面に合わせて席次表を作っていきますが、最後の最後まで気が抜けないのがその配置とゲスト名・肩書きの書き方です。

 

結婚式席次表のデザイン、折り方によってゲスト名・肩書きが折り目に当ってはいけません。席次表を作る最終調整は印刷のプロに頼むのがベストです。悩みに悩んで決めた席次ですから、見栄えも綺麗にまたゲストに無礼がないように席次表を完成させましょう。

前撮り席次表

 

 


「席次表の作成|「友人」の正しい順番と上手な並べ方」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事