席次表の用紙サイズって? 100〜120名になると大きいのが必要なの?

カテゴリー: 席次表コラム

■席次表の紙サイズは大きくできるのか

結婚式で、席を教えてくれる席次表。
どの席次表を見ても、ある程度サイズは決まっているような気がしませんか?
そして、結婚式のゲスト数といえば、費用の面もあって100名はなかなか超えないのが実際のところ。
事情があって100名以上の結婚式を挙げたいときには、「普通の席次表の紙サイズで大丈夫なの!?」って、心配になってしまいますよね。
実際、100人規模の席次表の紙サイズって、どうなんでしょうか?


■知らなかった!A3でみんな入る

結婚式の席次表。紙サイズは色々とありますが、人数が多くて……と思う場合には、A3サイズの紙を入れてくれる席次表を選びましょう。
A3サイズの紙で、最大何人くらいの披露宴の席次表を入れることができると思いますか?
なんと、なんと……
300〜400人規模の結婚式でも、A3サイズの紙であれば席次表を作成することができるんです。
うーん、普段なかなか手にすることのない紙サイズですが、A3ってスゴイんですね。


■A3サイズって大きすぎないの?

普段なかなか見ないからこそ……結婚式というシチュエーションで、A3サイズの紙って大きすぎるんじゃないの? と、ちょっと心配になる部分もあると思います。
でも大丈夫! 結婚式の席次表は、2つ折や、3つ折の状態で配られます。
B4サイズに比べれば大きいですが、それでも、折加工をされたA3サイズの席次表は意外とコンパクト。
席次表のタテサイズは、普段から見慣れたA4の長さと同じですから、ゲストを驚かせることもありませんよ。


■100〜120名の披露宴ではA3サイズの席次表がベスト?

さきほども触れましたが、A3サイズの席次表には、300〜400名ほどの席次表を入れることができます。
従って、ゲストの人数が100〜120名くらいの場合、A3の席次表はマストではありません。
それよりもワンサイズ小さい、B4サイズでも、充分に120名分のお名前と肩書きを、見栄え良くまとめることができるでしょう。
反対に、200名を超えてくるような場合には、少し余裕のある状態でA3の席次表を選択したほうが良いかもしれませんね。


■まとめ

席次表の用紙サイズは、A3サイズで400名まで入れることができます。大人数の披露宴も大丈夫!
しかし、実際にたくさんゲストの入る席次表を自分で作成するのは、とても大変です。B4やA3の用紙での印刷も、ご家庭のプリンターでは厳しいことでしょう。
そんなときは、格安で席次表を作成できるPureに、是非お任せくださいね。
たくさんのゲストもきれいに配置して、すぐに作成できますよ!ー

オススメの結婚式招待状格安印刷Pure


「席次表の用紙サイズって? 100〜120名になると大きいのが必要なの?」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事