結婚式席次表を「ブライダル新聞」にするのって失礼なの?

カテゴリー: 席次表コラム

今回は、昨今人気を博している、「新聞型の結婚式の席次表」について、考えてみたいと思います。

■ブライダル新聞って?

結婚式のやり方が多様化しているのと同様に、結婚式の際に必要になる席次表を、「ブライダル新聞」という形で作成するのも、人気上昇中。
ブライダル新聞というのは、お二人のプロフィール紹介はもちろん、出会いやなれそめ、きょうだいや両親のことまで、新聞や雑誌形式にまとめて、ゲストにお配りするものです。
その紙面の中に、何らかの形で、ゲストの席次表も掲載するということになりますので、従来の席次表とはちょっと雰囲気が違い、「もしかしてこれって、失礼かも……」と思うこともありますよね。


■結婚式の多様化と変化の傾向

結婚式は多様化していると言いますが、実際には明確な変化の傾向があります。
それは、「家族メインの結婚式になっている」ということ。
それぞれの予算や環境に応じて、派手婚をする人もいますし、シンプルで小規模な家族婚を選ぶ人もいます。
家族婚の場合にはもちろん、ゲストの多い派手婚であっても、両親の登場に演出を設けたり、お互いへの感謝の手紙や、家族のスピーチに時間をとったり、その分、ゲストが余興をする時間は減少したりと、結婚式において家族を重要視する傾向は強まっているのです。
そんな中で、ゲストに自分の家族を紹介するブライダル新聞形式の席次表が注目されるのは、むしろ当然の流れとも言えるでしょう。


■失礼ではないけど家族会議にかけるべき

ブライダル新聞の裏面を席次表にしたり、雑誌形式の席次表がもてはやされる昨今。
でも、一部には、スポーツ新聞風の出来に対して「ちょっとおふざけなの?」と感じられる年配の方もいらっしゃるようです。
こればかりは、家族の雰囲気、そして新郎新婦の判断をどのように尊重してくれる家族親族であるか……ということが問われる一面でもあるでしょう。
おすすめは、新郎新婦の二人だけの判断や、ノリで作成することをせず、お互いのご両親に、きちんと相談しておくこと。
そのワンステップがあれば、ご自分の親族やゲストに対してどのような席次表を作成したら良いのか、有用な意見を得ることができますよ。


■おわりに

ブライダル新聞と、雑誌形式の席次表、ふたつの席次表をご紹介しましたが、ブライダル新聞がスポーツ誌のようにゴシップめいた雰囲気を醸し出す一方で、雑誌形式の席次表は冊子になっていることもあり、「しっかり作った」と感じられるご年配の方も多いようです。
新聞だけではなく、雑誌形式の席次表も、格安の業者に頼んですぐ印刷することができます。
会議をする際には、是非別物として検討してみると良いですね。


「結婚式席次表を「ブライダル新聞」にするのって失礼なの?」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事