ペーパーアイテムランキング招待状・席次表!!

カテゴリー: ペーパーアイテム

Shop Bell招待状席次表

Shop Bellペーパアイテム

Shop Bellウェルカムボード

結婚式招待状・席次表通販ランキング

WEB SHOP 探検隊 ペーパーアイテム

 

WEB SHOP 探検隊 結婚式招待状・席次表

 

WEB SHOP 探検隊 ウェルカムボード

 

ミルカウショップ

 

ペーパーアイテム ネットショップランキング

ウェルカムボード ネットショップランキング

ブライダル ネットショップランキング

ペーパーアイテム人気ランキング

どうしたらいいのー!結婚式のペーパーアイテムの選び方おすすめは?

結婚式を挙げるとき、「どうしたらいいのか」迷いやすいのが、ペーパーアイテムです。
ペーパーアイテムは、結婚式を挙げる会場に依頼すると、全て用意してもらうことができます。ところが、自分たちで印刷業者に頼んで、オリジナルや、それに近いものを印刷してもらうこともできます。極論を言えば、1から材料を用意して、自分たちで作成することもできるのが、ペーパーアイテムというものです。
それぞれにかかってくる金額も違いますので、「どうしたらいいのか」迷ってしまうのです。そこで今回は、ペーパーアイテムの選び方のおすすめをご紹介します。

1.まず自作か、外注かを選びましょう

ペーパーアイテムを選ぶなら、まず最初に、自作をするのが、外注するのかを選びましょう。
外注というのは、結婚式場に頼むか、インターネットなどで独自に業者を選定して依頼するかのいずれかです。
自作をするというのは、自分たちで材料を買い集め、デザインもすべて考えて作成する、ということですね。すると、
・ちょっとくらい素人っぽくても、あたたかみのあるペーパーアイテムができる
・自分たちの挙式だけのオリジナルアイテムが実現する
というメリットがあります。

但し、ペーパーアイテムを自作するためには、
・デザインを考えるスキル
・材料を買い集める時間とスキル
・実際に作成する時間とスキル
この3つのスキルが必要です。ペーパーアイテムは新郎新婦のこだわりや個性が出るところなので、自作をしたいと考えている人は多いと思いますが、1つでも欠けているなら自作は諦めたほうが無難。
例えば、いいデザインを考えつくし、材料を買うことはできるけれども、仕事が忙しくて作成する時間が取れない。あるいは、自宅にパソコンやプリンターが無い。あっても使いこなすことができない。このような場合には、「期日までに完成しない」「失敗して、却って費用がかさむ」等のトラブルに見舞われる可能性が高いので、思い切って外注に決めるのがおすすめです。
また、自作のペーパーアイテムでも、式場に持ち込むために持ち込み料がかかることが多いので、あらかじめ調べ、計算に入れておきましょう。


2.外注に決めたら、どこに頼むかを選びましょう

ペーパーアイテムを自作できるなら、それで良いですが、外注することに決めたのなら、どこに外注するのかを選ばなくてはなりません。大きな選択肢は、
・結婚式場に印刷を依頼する
・インターネット等で印刷業者を探し、個人的に依頼する
の2つです。それぞれにメリットとデメリットがあります。


2-1.結婚式場に印刷を依頼する場合

結婚式場に印刷を依頼する場合、サンプルの中からデザインを選べば、あとはゲストの住所氏名、人数なども全て式場に渡してあるのですから、そのデータをもとに、選んだデザインで作成してもらうことができます。
データ作成の必要もないし、期日までに印刷を仕上げて式場に持ち込む手間もないので、新郎新婦の労力が最も少なくて済むのがこのパターンです。但し、印刷・作成の料金は他のどれよりも高額になると考えて良いでしょう。
また、オリジナリティという面では、デザインの数も限られていますので、あまり追求することはできません。
したがってこの方法は、
・ペーパーアイテムにお金をかけることができる
・仕事などで忙しく、ペーパーアイテムに労力を割けない
・オリジナリティはあまり追求していない
という新郎新婦におすすめです。


2-2.ペーパーアイテムを印刷業者に依頼する場合

現在では、インターネットを検索すれば、ペーパーアイテムを印刷してくれる業者が見つかります。(もちろん、おすすめはPureです!)
こうした印刷業者なら、品質は結婚式場に頼むのに劣らず、価格をぐっと抑えてペーパーアイテムを作成することができます。
さらに多様なデザインの中から好みに合ったものを選ぶことができますので、挙式コンセプトや、新郎新婦の趣味に合わせたデザインも選択しやすいのがメリットです。
結婚式場では用意されていないことの多い、雑誌風や新聞風のデザインなどもあるのが魅力的でしょう。
デメリットとしては、結婚式場に持ち込む際に、「1部いくら」という「持ち込み料」を請求されることがほとんどです。持ち込み料があるのかないのか、あるならそれはいくらになるのか、事前に調べて、印刷料金に加算して損得を考えなくてはなりません。
また独自にデータを作成して入稿し、期日までに納品してもらって、これをまた式場に持っていくというプロセスが必要です。ただこれについては、データさえきちんとできていれば、業者は期日までに納品してくれることがほとんどです。自分で作成するのと違い、ミスで慌てる必要もありません。
したがって、
・安価にきちんとしたプロ仕様のペーパーアイテムを作成したい
・もっと個性や雰囲気の出るペーパーアイテムが欲しい
・オリジナリティは欲しいけれども、あまり時間はかけたくない、かけられない
というような方には、印刷業者に頼むのがおすすめとなります。
なお、Pureなら面倒そうな参列者データの作成も、手書きのものをスマホで写真に撮影し、LINEで送るだけ。時間はほとんどかからず、あなたのパソコンスキルも必要としませんので、「データ作成はちょっと……」という方にもお気軽にご利用いただけますよ!


■あとは、挙式のコンセプトに合ったペーパーアイテムを選ぶだけ!

皆さん結婚式には、様々な理想や、演出したい雰囲気を思い描いていらっしゃることと思います。
たとえ、自分たちの理想ではないけれど、親族のメンツのために挙げる結婚式だとしても……そこにゲストへの、また育ててくださった方々への感謝の気持ちがある限り、ペーパーアイテムに込めたい思いも存在することでしょう。
そんな思いを表現できそうなペーパーアイテムを、選びましょう。
自作する場合はサンプルがないので、ちょっと大変かもしれませんが、外注するならサンプルをよく見て決めましょうね。
もちろんペーパーアイテムピュアでも、色々な種類のサンプルをご用意しております。きっとあなたのお役に立てることと思いますよ!

 


「ペーパーアイテムランキング招待状・席次表!!」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事