結婚式で最新席次表にチャレンジ!ウェルカムボードを使ったシーティングチャート

カテゴリー: 席次表コラム

結婚式の席次表を作成しようとしているアナタ!

「シーティングチャート」というものをご存知ですか?
シーティングチャートは、最近になって注目度が高まっている、まさに最新型の席次表のひとつ。
先輩新郎新婦にも、「こんなの見たことない!」とビックリしてもらえる、シーティングチャートについてご紹介します。


■シーティングチャート=席次表×ウエルカムボード

シーティングチャートとは、ウエルカムボード状にデコレーションをされた、掲示型の席次表です。
まずは大きな掲示板となるものを用意します。掲示物が2つになってはおかしいので、ウエルカムボードと兼用させるのが普通。
最上部に、誰の挙式なのかを明記し、その下に、ゲストの名前を列挙して、誰がどのテーブルなのか、テーブルナンバーがわかるように目印をつけます。
デザインも書き方も様々で、テーブル+名前の羅列にすることもありますし、席次表のようにテーブルの配置の縮図を描く方法もあります。
基本的に、テーブルの所にたどり着けさえすれば、席札で席の位置はわかりますので、「どのテーブルか」がわかるように書くのがポイントとなります。

■欧米では主流の方法です

日本ではゲストの全員に、1部ずつ席次表を配布するのがまだまだ主流ですが、欧米ではどちらかというと、シーティングチャートでテーブルをゲスト自身にチェックしてもらうのが主流。個々人に配られる席次表はあまり使われていないようです。
お土産のひとつとして持ち帰る席次表の代わりに、シーティングチャートの名前のところに、持ち帰ることのできるプチギフトや小さな造花などを付けることもできます。

■なんといっても料金がお得……。

シーティングチャートは、日本でもよく使われる「ウエルカムボード」と一体型になっているものです。つまり、席次表を作成する経費を丸々カットして、ウエルカムボード兼用のシーティングチャートを作成する費用に充てることができるというわけ。
両方それぞれにお金をかけることを考えれば、シーティングチャートのほうがだいぶお安く作れる可能性も大!

■挙式コンセプトからデザインアイデアを導いて

シーティングチャートのデザインは、お店の掲示板やメニュー表のようなものから、宝の地図のようなものまで実際様々です。
新郎新婦の趣味や鉱物、出会った場所に由来するものや共通項、そして重要視していきたい挙式コンセプトなど、色々な部分からヒントを得て、デザインのアイデアを出してみましょう。
ウエルカムボードのように、挙式後もずっと家の飾りとして飾っておけるシーティングチャートは、すてきな結婚式の記念になることでしょう!

オシャレで人気の席次表ならピュアへ


「結婚式で最新席次表にチャレンジ!ウェルカムボードを使ったシーティングチャート」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事