これはダメ!結婚式の招待状、アレルギー書き方のNGマナー例

カテゴリー: 招待状コラム

結婚式の招待状に付いてくる、「アレルギー」に対するアンケート。あなたはどのように書いて返信したら良いか、ご存知でしょうか?

今回は、アレルギーの書き方について、NGとなるマナーの例を見ていきたいと思います。
うっかり、アレルギーについて、このように書いてしまわないように注意しておきましょう!

■アレルギーがない場合

もし、あなたにアレルギーがない場合、マナー違反をしてしまうことは少ないのですが、よりベターな書き方もありますので目を通しておきましょう。
あなたにアレルギーが無ければ、アレルギーを記入してください……と書いてある欄は、空白のまま返送をしてもNGではありません。
より親切な方法としては「特にありません お心遣い有難うございます」と、ひとこと記入しておくことなのですが、この際に「テン」や「マル」を付けないよう注意しましょう。
おめでたいハガキですので、基本的にコメントに区切りとなってしまう句読点は不要です。

■アレルギーがある場合、黙っておくのはNG!

アレルギーがある方の場合、「アレルギーを記入してください」と言われても、かえって気を遣ってしまうことがありませんか?
アレルギーがあると申告した場合、自分だけ別の料理になってしまうのではないか? 会場の人や新郎新婦に迷惑をかけてしまうのではないか? 等の気遣いです。
そして、迷った挙げ句に「アレルギー申告をしない」という選択をする人もいる様子。
しかし、ある意味一番迷惑なのが、黙っているというパターンです。料理を食べられないので、結果的に高いご祝儀を支払ってもらったのに、残されてしまう……という悲しい思いを、新郎新婦も味わうことになってしまいます。
アレルギーの記入欄のある招待状は、会場がアレルギー対応してくれるということでもありますので、遠慮なく正直に申告しましょう。

■アレルギーがある場合、マルだけつけるのはNG!

アレルギーの記入欄にはたくさんのパターンがあります。たとえばアレルギーのあるもののシールを貼る、卵・蕎麦など書いてあってマルをつける、自分でアレルギー食材を記入する、などです。
いずれのパターンでも、「食材にマルをつけるだけ」「食材名を記入するだけ」「ただシールが貼ってあるだけ」の状態は避けたいもの。
アレルギーのあるものを全て申告するのはもちろんのことですが、
「大変申し訳ありませんが えび 卵 のアレルギーがあります ご配慮いただけますと幸いです よろしくお願いいたします」
などと書き添えると丁寧、かつ情報もすっきりと伝わりますね。
ちなみに、加熱したものは食べられる、等の場合も正直に書いてしまってOKですよ。


■アレルギーがある場合はお詫びの気持ちも込めて丁寧に

現代ではアレルギーがあることは珍しくなく、新郎新婦本人や、親族にいるというケースもあるでしょう。隠したり、遠慮をする必要はありませんが、その分配慮を丁寧にお願いしたいものですね。
何に対する、どのようなアレルギーなのか、より具体的に明記することで相手の対応を楽にするという一面もあります。わかりやすく、かつ丁寧な表記を心がけましょう。

ウェディングの結婚式招待状・席次表・席札の印刷注文格安ピュア


「これはダメ!結婚式の招待状、アレルギー書き方のNGマナー例」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事