結婚式の招待状にはメッセージを同封しても良い?マナー違反?

カテゴリー: 招待状コラム

結婚式の招待状は、自分の結婚式に友人や上司、親族を招待するためのもの。そんな招待状に、メッセージを同封するのはOKなのでしょうか? それとも、マナー違反なのでしょうか? 今回は、結婚式の招待状に同封するメッセージの可否についてご紹介します。

■メッセージは別紙で同封してもOK!

結婚式の招待状には、新郎あるいは新婦からのひとことメッセージを同封することができます。マナー上も特に問題はありません。
結婚式の当日は、どなたも忙しい中準備をし、半日以上の時間をかけて参加することになるでしょう。当事者お二人からの、恐縮する気持ちや、「よろしくお願いします」の気持ちがあるのは、全くおかしなことではありません。
結婚式には色々な人をご招待することと思いますが、披露宴の会場、あるいは披露宴までに、招待客同士で「メッセージが入っていたよね」というような話になる関係の方には、等しくメッセージを入れる、あるいは入れないと決めておきましょう。「入っていたよ」「私には、入っていなかったよ」となってしまうと、後から余計な気遣いのもとを作ってしまうかもしれません。
メッセージは、招待状に添え書きをするのではなく、別紙で用意しましょう。柄のよい一筆箋などを使うのがおすすめです。


■句読点はつけても大丈夫

結婚式の招待状や、招待状への返信はがきには、には句読点をつけないのがマナーですが、メッセージカードとなると、正式な文書というよりも「手紙」になりますから、句読点はつけてもOK。
また招待状や、返信はがきであれば、ある程度定型の文章ですが、手紙には皆さんそれぞれ書きたいことがあるでしょう。ですから、句読点がついていないと読みにくくなってしまうことのほうが多いようです。
招待状とは別物と考え、メッセージカードは読みやすく区切り点を入れてあげましょう。

■忌み言葉に注意しましょう

ひとつ注意したいのは「忌み言葉」、つまりおめでたい場面で使うことが望ましくないと考えられている言葉です。
離別や再婚、死やそれに準ずる不吉なことを連想させる言葉も、忌み言葉として「使うべきではない」とされています。別れる、離婚、といったストレートな言葉はもちろん、切れる、捨てる、枯れる、壊れる、冷める、消える、果ては「忙しい」というようなものも、忌み言葉とされていますので、調べてみましょう。
インターネット上では、忌み言葉をチェックすることのできるサイトなどもありますので、ご自身で下書きがてらチェックしてみると良いですね。

■切手の料金をオーバーしないように気をつけて

結婚式の招待状に添えるメッセージは、一筆箋や、長くても便箋1枚におさまる程度に。ただでさえ、厚紙の招待状や会場への地図、返信はがき、挙式への出席依頼などが入っている、招待常用の封筒ですから、何枚も紙を追加しては切手の料金がオーバーしてしまいます。くれぐれも、入れすぎないようにご注意を。
でも、いくつかのポイントさえ抑えておけば、招待状にメッセージを同封するのは「アリ」です。是非、あなたの日ごろの感謝を伝えてみてはいかがでしょうか。

結婚式の招待状なら格安スマホで注文OK!ペーパーアイテムピュア


「結婚式の招待状にはメッセージを同封しても良い?マナー違反?」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事