席次表プロフィール大人気!項目写真プロフィール

カテゴリー: 席次表コラム



 席次表プロフィール

 

△▲LINEからもご注文が可能です。▲△

 

 

席次表のプロフィールにはどんな項目を入れればいい?

結婚式に必ずつきもののペーパーアイテム、招待状、席次表、席札等。以前は席次表といえば、単にゲストに席を教えてくれるだけのものでした。なんといっても、人気は、席次表に新郎新婦のプロフィールが掲載されているもの。

 

今では席次表に写真やプロフィール、メニュー表など様々な情報を盛り込むことが当たり前になってきました。とはいっても、いざ書こうとすると「どんなことを書いたらいい?」「どんなプロフィールだったら読んでもらえる?」と迷う人もいるのではないでしょうか。

 

ゲストの皆様に楽しんでいただきながら、より深くふたりのことを理解してもらうためのプロフィール作りのポイントをご紹介します!その人気の秘密に迫ります!

女の子ビックリ

◆席次表 プロフィール項目は?

席次表に掲載される新郎新婦のプロフィールには、こんなことが書かれています。

まずは、基本の、生年月日、星座や血液型、身長、出身地といったスペック。

それから、必ずといっていいほど書かれているのが、新郎新婦それぞれの趣味。

あとは、学生時代に所属していた部活やサークルなど、結婚式に来てくれるゲストに関連したような情報など。

そして、新郎や新婦が、お互いの第一印象や、好きなところを掲載しているプロフィールも、多く見かけます。

何を書かなくてはいけないということはありませんが、自分のゲストにパートナーを紹介する欄でもあります。

ゲストが「へー」と思うようなこと、面白がってくれそうなこと、共感を得そうなことを書くのがベストです。

プロフィール画像

 

◆席次表プロフィールどうして人気なの?

席次表プロフィールは、ただの席次表よりも、圧倒的にゲストたちに喜ばれています。

その最たる理由は、新婦のゲストたちは新郎の、新郎のゲストたちは新婦のことが、披露宴が始まる前にわかるから!ということが最もよく言われています。

新郎と新婦はお互いに知っていても、ほとんどのゲストにとって、主役の片方は知らない人です。でも、短い披露宴の間、少しでも主役のことを理解し、楽しい時間を過したいですよね。祝福する気持ちは変わらなくても、相手のことがわかるとなんとなく心地よいもの。多くの人が、自分がゲストとして参加した結婚式で席次表の良さを実感し、自分の結婚式にも取り入れているのですね。

人気のプロフィール付き格安印刷ならピュア

 

◆席次表 プロフィールはいつ読まれてる?

 

席次表プロフィールを見るタイミングは、ゲストによってまちまちではありますが、ほとんどが披露宴会場に着席してから、披露宴開始までの間に目を通しているようです。

そう、挙式が終って、披露宴までの間、主役不在となってしまうため、ゲストたちは結構手持ちぶさた。

そんなゲストたちの無聊を慰め、ゲスト同士の話題づくりのネタのひとつとして、席次表プロフィールはとっても役に立つアイテムだったのです。

 

おさえておくべきプロフィールのポイントとは?

ゲストの半分は新郎または新婦の事を知りません。自分のパートナーをゲストの方に紹介するとしたら何を書くか?ということを考えてみるといいと思います。

<基本項目>

生年月日や出身地、簡単な生い立ちなど。

<趣味、好きなことなど>

ふたりの人となりがわかるような内容がいいですね。

学生時代は何をしていたか、休みの日は何をしているかなど。

1問1答形式でたくさん書いてみると読み応えがあります。

<共感を得られそうなこと>

どんな家庭を築きたいか、お互いのいいところ、どこを好きになったのか、など。

こんなときだからこそ、「こんな素敵な人と結婚するんです!」という相手に対する思いを盛り込んで書くと、読んだ人が好感を持てる内容になるでしょう。

 

席次表のプロフィールは様々な人が見るものです

友人だけの結婚式ならあまり気にしなくてもいいかもしれませんが、通常の結婚式であれば、職場の上司や普段会わない親戚なども招待しているはず。

あまりにくだけた内容や、ウケを狙いすぎて、年配の方や相手のご両親に不快感を与えないように気をつけたいものです。

パンフレット席次表の豪華席次表です▽

パンフレット席次表

◆プロフィール項目例|新郎新婦編

※コピー&貼り付け(ペースト)してお使い下さい。

・お名前は?
・生年月日は?
・血液型は?
・好きな食べ物は?
・出会いはいつ?
・相手の第一印象は?
・告白はどちらから?
・相手のチャームポイントは?
・付き合ってからの印象は?
・相手を何と呼んでいますか?
・相手のどこが好きですか?
・交際中のおもしろエピソードは?
・デートで一番思い出に残っているのは?
・一番嬉しかった事は?
・プロポーズはどちらから?
・プロポーズの場所は?
・何と言いましたか?言われましたか?
・10年後のお二人は何をしていると思いますか?
・相手にお願いしたい事は?

 

◆こんなおもしろ質問も!

・相手の口癖はどんな?

・相手の機嫌を直す方法は?

・相手を動物に例えると?

・自分を動物に例えると?

お互いの答えのズレが笑いを生む質問です

・生年月日が同じ有名人は誰?

・来世で相手を見つけるときの目印は?

・今日の見所は?

・結婚式の意気込みをひとことお願いします

 

■出席者のプロフィールも入れてみる!?

最近では、出席者の方もプロフィールに含めてしまう、というケースも増えてきています。

結婚式は、自分たちのやりたいことをやるスタイルから、徐々にゲスト重視の方向に全体的にシフトしてきており、プロフィールもまた、ゲストへの「おもてなしのひとつ」として捉えられています。

新郎新婦の自己紹介も良いですが、今日会場に訪れてくれたゲストたちの紹介を掲載するのも、ゲストを喜ばせるアイデアのひとつなのです。自分が紹介されているって嬉しですよね。

ゲストをプロフィールに含める方法には、いくつかあります。正直に、新郎新婦がゲストとの関係や、性格などを、短くまとめて表現する方法もありますし、下に例を挙げますように、「○○な人は誰?」という共通の質問に、新郎新婦がそれぞれ、自分の友人や関係者の中から一人ずつピックアップする、という方法もあります。

いずれの場合も、普段仲良くけなし合う関係でも、結婚式の場にはそぐわなかったり、親族からの新郎新婦のイメージを損ねる場合もあるので、紙面上ではいつものノリではなく、最終的には褒めたり、持ち上げたり、仲の良さが伝わったりする方向で全員を表現しましょう。

 

パンフレット席次表

◆プロフィール項目例|出席者編

(出席者のなかで◯◯の人は)

※ゲストのみなさんも一緒に入れたプロフィールなども素敵ですね!出席者は喜びますよ。

・生まれ変わるとしたら誰?
・おもしろい人は誰?
・尊敬する人は誰?
・憧れる人は誰?
・一番一緒にお酒を飲んだのは誰?
・漫才のコンビを組むとしたら誰?
・性別が逆なら誰と結婚したい?
・無人島に連れて行くとしたら誰?
・一番電話をしたのは誰?
・一番ビビリな方は?
・じゃんけんが強そうな方は?
・キャプテンをやった事ありそうな方は
・「ある意味」尊敬する人は?
・すごいモノを持っている方は?
・たくさん貯金していそうなのは?

・人に言えない過去がありそうな方は誰?
・一番悪魔っぽい方は?

 

ご両家の家族紹介のプロフィール

※両家の家族紹介などを簡単にご紹介することも素敵ですね!

パンフレット席次表

▽パンフレットタイプの席次表▽

表紙

▽高級用紙を使用したプロフィール付き席次表▽@500円ティアラ(フレーム) ティアラ・フレームメイン画像_2000
memories-01

まとめ

いかがですか?席次表プロフィールのいいところ、おわかりいただけましたでしょうか。今でも、従来型のシンプルな席次表がないわけではありませんが、圧倒的にプロフィール付きのほうが、ゲストにウケがいい!ということを覚えておくと良いですよ。

 

 

席次表プロフィール・挨拶文・メニュー一体・画像

 

 

1/3


「席次表プロフィール大人気!項目写真プロフィール」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事