席次表 肩書き 友人・会社・職場、必要?どう書く?

カテゴリー: 席次表コラム

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_s

 

結婚式席次表の肩書き

結婚式の席次表といえば、つきものなのが名前に添えられる肩書きですね。

肩書きは、名前同様、間違えるととっても失礼

でも、そもそも必要なの?と思っている方もいらっしゃると思います。席次表には、どうして肩書きがついているのでしょうか?

 

肩書きは必要なの?

結婚式の席次表は、もちろんゲストに対して「あなたのお席は、ここですよ~」とご案内するものではありますが、同時に、「あそこの席に座っているのは、新婦の○○の△△さんだ」とお知らせするものでもあります。つまり、同じパーティーに出席する人同士の、お互いの紹介カードでもあるわけですね。

席次表にもし、肩書きがなかったら、初対面の人同士は相手が何者なのか、他人なのか新郎新婦の親族なのか、全くわからなくなってしまいます。場合によっては席の関係で、既に知っている人ばかりが同じテーブルにつくとは限りません。肩書きがなければ、目の前に座っている人が何なのかわからなくなってしまいますよね。もちろん席札だけではわかりません。ですから、結婚式の席次表肩書きは、意外に重要な意味を持っていたのです。披露宴でゲストが名前だけでは判断できなくても肩書きで気づき個人的にお世話になっている方など素敵な出会いの場でもあります。

 

席次表の肩書きを書き間違えると大変

正しい書き方を知っておきましょう。

まずは、新郎新婦、両家で書き方をきちんと合わせることが大切です。例えば、会社の同僚について、新婦側は「新婦同僚」と書いているのに、新郎側は「株式会社○○ △△部」と部署名で記載してしまうと、バランスがとれなくなってしまいます。あらかじめ、打ち合わせをして、主賓、同僚などについて、どのような書き方をするのか決めておきましょう。友人や学校の先輩についても同様で、単に「新郎先輩」とする場合もあれば、「新郎大学先輩」「新婦中学友人」などと書く場合もあります。どちらでも良いですが、統一感は出るようにしましょう。会社の先輩は、部署名で書き表すか、単に「新郎先輩」と書けばOKですよ。

bd0a17c9f20521fac08dee5e3f37c765_s

最も気を遣うのが、主賓や上司の肩書きですよね。これは、その人の社会的地位を素直に書き表すような形で大丈夫です。「株式会社○○ △△部部長」など、役職を正直に書く場合がほとんどですが、退職しているようなときは、「元上司」などといった書き方もできます。

席次表の肩書きの例

結婚式肩書き事例



まとめ

肩書きについては、地方によって特色やルールのある場合もあります。

もしかすると、ご親族の中で伝統があるかもしれません。心配なときは、ご両親などに相談してみると良いでしょう。

地方などは肩書きを一切入れない所もあります。全国的には肩書きは入れております。

親族肩書きですが基本的にはご両親には「様」はつけません。会場、地域によっては様をつける場合もあります。
ご両親を完全にお招きするスタイルの挙式であればその限りではありません。
また、ご両親以外にも、同居している兄弟姉妹にも「様」をつける、つけないなど地域柄もあります。
迷ってしまったら会場様へ確認すると良いでしょう。

 

結婚式席次表ピュアってもうチェックされましたか?
ネットで話題になっている、かなり優れもののアイテムです。
このアイテムを知らないのはとても勿体無いと思います。
これってどんなアイテムなんだろう、と軽い気持ちで調べてみたら、予想以上に優れもののアイテムでした。

まだご存知でないなんて勿体無いですよ!
ご存知でない方は、是非一度チェックしてみてください。

席次表印刷込みで240円〜格安印刷ピュア


「席次表 肩書き 友人・会社・職場、必要?どう書く?」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事