結婚式の余興・スピーチ・受付のお礼は、金額相場はどれくらいなの?

カテゴリー: 結婚式コラム

お礼結婚式

 

結婚式で何かを誰かに頼んだら……

結婚式で、友人や会社の同僚に色々とお願いするシーンは、意外にたくさんあります。スピーチに余興、受付けなど、お願いした以上、お礼をどうしよう……? とは皆さん考えるところですよね。
今回は、スピーチや余興、受付けのお礼の金額相場についてリサーチしました。


■お金か?モノか?はひとつの分かれ道

結婚式のスピーチ、余興、とひとくちに言っても、それをお願いする人と、新郎新婦との関係性は様々。その関係の如何によって、お金を渡す場合と、記念品となるモノを渡す場合とがあります。
親しい友達にお願いした受付けやスピーチ、余興の場合なら、お金ではなく、モノでお礼の気持ちを表したほうが、角が立たない場合もあるものです。
また、女性なら特に、モノが喜ばれるケースも。
モノを贈る場合も、お金で渡す場合の金額相場を参考に、気持ちが伝わるプレゼントを選びましょう。
長く使える、ちょっといいモノが喜ばれます。
親しい友人でも、お金を渡したい……というときは、新郎新婦本人が渡すと、いらないよ!気にしないで! と返されてしまう場合も。
このようなことが想定される相手なら、ご両親から渡していただくとよいでしょう。


■金額相場はズバリ5,000円。挙式の規模も考慮して

余興、スピーチ、そして受付けのお礼相場は、お金で渡すならズバリ5,000円!
金額の所以としては、主賓に対して1万円のお礼が差し上げられていることが多く、これに対応する形で、5,000円とされている場合が多いよう。
結び切りののしのついた封筒などに入れ、「お車代」あるいは「お礼」として差し上げます。
といっても、この金額は、挙式の規模などによっても多少左右されることは事実。
筆者の経験では、250人規模の披露宴で、新婦側の受付けを2人で担当した際、新婦からは心のこもったプレゼントを、新婦のご両親から1万円を、それぞれ包んでいただいたことも……。
また、例えば主賓と、乾杯の発声をお願いするゲストとの間に、役職の差があまりなかったりする場合では、主賓、乾杯の方、双方に1万円をお包みすることもあるようです。
ケースバイケースで考えましょう。


おわりに

いかがでしたか?
気は心、なんていう言葉もありますが、お礼の気持ちが形になっている挙式と、そうでない挙式とでは、印象に差が生じるのは仕方ありません。
現実には、受付けや余興をやっても、お礼がない結婚式もあるのですが……
ここに来て一人5,000円の出費はイタイなー……という正直な気持ちはあるかもしれませんが、結婚式はお金のかかりどき。
もうちょっとだけ頑張ってみましょう!

結婚式でのお車代はみんなどれくらい渡すの?お車代の相場は?


「結婚式の余興・スピーチ・受付のお礼は、金額相場はどれくらいなの?」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事