披露宴新婦の手紙、感動的な両親への言葉|締めくくり長さは何分ぐらい?

カテゴリー: 結婚式コラム

新婦手紙

披露宴新婦の手紙、感動的な両親への言葉

■新婦の手紙は一番の感動ポイント!

結婚式で、一番といっていいくらい、皆さんの感動を呼ぶのが新婦の両親への手紙です。結婚式の締め括りとして、また、独身生活の締め括りとしても、相応しいお手紙を読みたいものですね!

ところで、新婦の手紙は何分くらいで読むのが適切なのでしょうか?

 

 

■手紙の長さは「長すぎず」がポイント!

新婦の手紙は、何分くらいでなくてはならない……ということはありません。それまでの生活の感謝があればこそ、長くしようと思えばいくらでも長くなるというのが、本当のところでしょう。

ところが、新婦の手紙、いくら感動的とはいえ、長すぎるのを好むゲストはいません。また、結婚式の本来の目的というものを考えれば、両親への感謝の手紙というのは、いわば「オマケ」であって、必ずしもゲストの関心をひくものでもないのです。ですから、手紙を作成するときは「決して長すぎにならないよう」心がけるのがポイントです。

読み上げる時間の理想としては、3分程度。意外にも短いようですが、それ以上長くなると、ゲストたちに「長いな……」という印象を与えます。

また、新婦の手紙は途中で涙のために中断したりと、長引く可能性を秘めていますので、新婦自身は短めに思えても、3分オーバーくらいでちょうど良いのです。

 

 

■あらかじめ準備を

手紙を書いたあとは、あらかじめ自宅にて、読み上げる練習、準備をしておきましょう。実際に時間を計り、何分になるのか見ておくことも重要です。書いて封筒に入れ、「さあ、あとは明日読むだけ!」と思っていると、自分が考えていたよりも長い、あるいは短い……なんてことも。一人の作業になりますが、読み上げて準備をしておきましょう。

 

 

■内容は公平性を期して

新婦の手紙にありがちなのが、何故かお母さんへの想い出と感謝に終始するというもの。お父さんは?と思われてしまうだけではなく、お父さん自身に寂しい気持ちを味わわせるものが散見されますので、実際に書くときは注意しましょう。

また、新婦から両親への手紙という触れ込みですが、パートナーの男性の両親への感謝の気持ちを綴ることを忘れずに。自分の両親にだけ感謝を捧げるのでは、配慮の足りない新婦という印象を与えてしまいますよ!

 

 

■おわりに

何だかんだといって、新婦の手紙は披露宴を感動で締め括る重要なワンシーンです。重要だからこそ、長すぎると間延びした印象を与えるものであり、また、涙で全然読み進められない、といったことがあってもマズイ。感動を誘いながらも、スムーズに終わらせたいものです。そのためにはやはり、事前準備が肝心であることをお忘れ無く

泣ける号泣  新婦の手紙 感動 涙 花束贈呈


「披露宴新婦の手紙、感動的な両親への言葉|締めくくり長さは何分ぐらい?」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事