結婚式 招待状の書き方・メッセージ・文例・宛名・切手|教えて!

カテゴリー: 招待状コラム

招待状書き方


結婚式 招待状の書き方・メッセージ・文例・宛名・切手

結婚式の招待状ってどう作る!?

決まり切った様式が決まっていそうに見えて、意外と選択肢があるのが、結婚式の招待状です。それに、なんでも式場のほうでやってもらえそうに思えるのに、招待状に関しては自分で発送しなくてはならないなど、招待状については意外な作業が発生することも。今回は、結婚式の招待状の作り方、切手や宛名についての色々をまとめました。

 

 

■招待状のメッセージについて

結婚式の招待状に書くメッセージについては、挙式場や、招待状を印刷するサービスでも文例を用意してありますので、参考にして、自分たちにあてはまるものを使うのがよいでしょう。具体的には、差出人が本人である場合、両親である場合、媒酌人がいる場合といない場合、婚約中でまだ入籍していない場合、入籍済みの場合などがあります。

 

差出人が新郎新婦であれば、招待状の形式は

「このたび私たちは結婚式を挙げることとなりました」となり、

差出人が両親であれば、「(新郎父の名前) 長男○○ (新婦父の名前) 次女○○ の婚約相整い 結婚式を挙げることになりました」となります。

 

 

媒酌人がいる場合には、

「○○○○様ご夫妻の媒酌により結婚式を挙げることになりました」となりますが、

いない場合には、この文言は入りません。

 

このように、それぞれのケースで使うべき文例が異なってきます。自分たちのケースに相応しい文言を用いましょう。

 

 

■宛名について

招待状の宛名は、お招きする方の名前を間違いのないよう記載します。

封筒ひとつにつき、一人のゲストなら、そのゲストのお名前を。ゲストが夫妻であれば、(夫の苗字 名前)様、(奥様の名前)様……とするか、もしくは、奥様のお名前ではなく、「令夫人」とします。

ご家族3人をお招きする場合には、3人とものお名前を書くと良いでしょう。ただ、4名以上になる場合には、(夫の苗字 名前)様、令夫人、ご家族様……とするのが妥当です。

 

招待状ゲストに対する敬称は、親族でも友人でも、大半は「様」ですが、恩師だけは「様」ではなく「先生」とするのが良いでしょう。

 

招待状切手 

■切手について

結婚式に関する招待状、さらには返信用のハガキについても、慶事用の切手というものが用意されています。

招待状の切手貼りは、挙式場スタッフではなく、新郎新婦が行うのが一般的。会場の担当者から、招待状を受け取ったら、郵便局で「慶事用」「結婚式用」と指定すれば、専用の、おめでたい柄の切手を販売してくれますよ。

 

 

おわりに


いかがでしたか? 結婚式の招待状については、文例が最も迷うところだと思いますが、文章を完成させたからといって、宛名のお名前や住所の間違い、切手の貼り忘れなどがないよう、気を抜かずに準備しましょう!

結婚式招待状の差出人は親名義?自分たち名義?

幸運の招待状!オレンジ色の風水効果のある結婚式の招待状

「うまい!」と思わせる結婚式の招待状


「結婚式 招待状の書き方・メッセージ・文例・宛名・切手|教えて!」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事