結婚式の余興 ゲストに受けのよいベスト3は?

カテゴリー: 結婚式コラム

余興の選択って難しい!?

 結婚式の流れの中でも、ゲストにお任せにされることの多い、余興。内容の選択を誤ると、内輪ネタになってしまったり、あとからDVDを見たくない披露宴になってしまったりと、意外と大変な一面もあります。そこで、今回は、ゲストに受けのよい結婚式の余興、ベスト3をご紹介します!

 余興結婚式

 

■第3位:合唱

結婚式の披露宴では、かなりの定番、合唱。数人の友人で前に出てきて歌うのは、ありがちですが無難でもあります。問題は選曲ですね。


有名な、できれば世代を問わず知られている歌が好ましいでしょう。校歌や応援歌などでも良いですが、その場合は、前フリが大切。

披露宴では、いろいろな映像機器などが使えますから、当時の写真などを出しつつ、「昔一緒によく歌ったこの歌を、歌いたいと思います!」など、他のゲストさんにもわかるようにすると良いですね。前フリがないと、完全な内輪ネタになってしまうことがあるので要注意です。

 

余興楽器

■第2位:楽器演奏

ダンスと楽器演奏は、並び立つ人気のある余興ですが、決定的な違いが。それは、ダンスについては内輪ネタになりやすく、しかも騒がしくなりがちなので、年配の方や親族の方は、見ていて「なんじゃこれは」と感じる人も多いと言われているのです。これはダンスの上手、ヘタにも大きく関わってくることなのですが、練習時間の少ない披露宴での余興ダンスは、完成度もいまいちなことが多くて大変! それに比べて、楽器の演奏は、静かに、食事とともに楽しむことができ、親族の方にも受けのよい余興です。

お友達の中に、部活の経験者など、楽器演奏が得意な方がいたら、是非お願いしてみると良いでしょう。

 

余興スライド

 

■第1位:スライド

新郎新婦が生い立ちを用意することの多いスライドですが、新郎新婦の友人たちからのスライド上映は、昨今しずかなブームにもなっています。楽器演奏と同じく、食事を楽しむこともでき、下手なダンスや歌よりも、痛々しい結果になりにくいのが人気の秘密。

また、内容も、挙式に招待していない、たとえば恩師たちのサプライズメッセージを用意したりと、工夫をすると、新郎新婦にもとても喜んでもらえますよ!

 

おわりに


いかがでしたか? 結婚式の余興は、奇をてらってもダメ。ありがちでもいいから、喜ばれるものを考え、選びましょう!

 

結婚式 余興 感動ムービ歌|アイディア簡単まとめ


「結婚式の余興 ゲストに受けのよいベスト3は?」の関連記事

結婚準備お役立ちコンテンツの人気記事